暮らし

場を整える

ショウブをかざって節句の準備

五月といえば、こどもの日(端午の節句)。ショウブの季節。 ショウブの花は、まっすぐのびた茎、直線の形がきれい。長めにざくっと花びんにさした。 それだけだと寂しいから、白い菊... 
暦ごと

[八十八夜]種まく用意をはじめよう

2019年5月2日の今日は「八十八夜」。立春から数えて八十八番目の日にあたります。 末広がりの形、「八」が重なる縁起の良い日。農作業をはじめる日。そして、緑茶の日。 ... 
暦ごと

[牡丹華]シャクヤクの花みて、めでたいここち

2019年5月1日。今日は、七十二候でかぞえて「牡丹華(ぼたんはなさく)」のはじまる日。 七十二候:牡丹華 牡丹と聞いて思い出すのは「立てば芍薬(しゃくやく)、... 
場を整える

花をかざる日常はここちよさのベースが上がる

朝、目が覚めて。目に入る場所に花をかざってある。 朝、花を見て「きれいだな」と感じながら、一日のはじまりをむかえています。 花をかざることがきっかけで、気持ちの良い(ストレ... 
場を整える

部屋に季節を持ち込む

花屋の店先でひとめぼれだったミニブーケは、さくら色と水色がミックスされたもの。4月が終わろうとしている今の時期を表している気がして、部屋に置きたくなった。 ブーケのまわりは... 
家ごはん

手持ちの調味料は江戸時代なみ?

アトピー性皮膚炎がひどかった頃に通っていた漢方医の先生に、食事指導もうけていました。指導を受ける中で「極力、口にいれないように」と言われたのが「砂糖(あるいは甘味)」です。 ... 
家ごはん

春菊の季節がやってきた -風邪予防に

二十四節季も霜降になり、暦の中では秋のおわりになりました。 そろそろ冬の野菜も食べたいね、風邪予防もはじめたほうがいいね。などなど、あたまのなかでおしゃべりしながら春菊を買... 
家ごはん

スパイスもたまにはきかせて(クミン)

寒くなってきたから羊肉! 羊食べたい欲望がむくむくと湧いてくる。 羊肉は、身体(とくに足腰)を温めるといわれる食材。先日。食肉フェスタで購入してきた戦利品のひとつ。 ... 
暦ごと

後の名月は、栗名月

きょうの夜は十三夜。後の名月。 片月見にならないように。名月は両方見ておくことが肝心。縁起がよいのです。...という言い伝えがあるほど。 中秋の名月(旧暦八月十五日夜の月、芋名... 
暦ごと

[重陽] 菊の節句を旧暦で祝う

先日、10月17日は旧暦九月九日。重陽の節句でした。 重陽の節句は、別名「菊の節句」。ちょうど、菊の花さく頃と重なり、菊花のかおりまとう風を感じられるとき。 菊を重陽の節句で飾る... 
タイトルとURLをコピーしました