自分にとってのしあわせって?(ユングの幸福の5条件をヒントにして考えてみた)

自分にとっての「しあわせ」を
自分で知っていると、

目の前にそれをみつけるだけで
しあわせ

電車に乗るのが大好きで、ごはんを美味しく食べるのが好き。たまにお酒があったら、さらに最高

そんなわたしが伊勢へ、列車に乗ってでかけた。
その道中に、素敵な景色をたくさん、見た。食べたいと思った美味しいものも、食べた。

心が軽くなり、頭の奥がほどけた気がした。

うん、最高。ごきげんさんな、わたし。

しまかぜ車内で景色ながめながら食べて、ごきげん

「あなたのいう『しあわせ』って、どういうものなの? 教えてもらっていいかな?」

うつからの回復過程で受けていたカウンセリングの時間に、カウンセラーさんから質問されてわたしは凍り付いた。

身体がきゅっと固まってしまって、頭のなかは真っ白。
具体的な「しあわせ」の内容を、全く、ことばにできなかった。

自分にとっての「しあわせ」って、どういった形なんだろう?

ことばにしようと必死になっていたころのことを、ユングの「幸福の5条件」を見て思い出した。

1. 健康であること
2. ほどよいお金があること
3. 美しいものに感動できること
4. 人とうまくやれる能力を持っていること
5. 朝目覚めた時、やるべき仕事があること

「幸福の5条件」カール・グスタフ・ユング(潜在意識などの深層心理を含んだ分析心理学で有名な、スイスの心理学者)

これらの条件は、自分にとっての「しあわせ」を考える上での、視点のひとつになる。

人、それぞれに「しあわせ」の形が違うけれど、考えてみようとしなければなかなか思い浮かばないかもしれない。

だから、考えてみようか。
自分にとっての「しあわせ」とは、何か?

ユングの「幸福の5条件」から、何をおもうか。それをヒントにしつつ、自分にとっての幸福を考えてみるのもおもしろいかも?

わたしがおもう幸福の第一条件は、この5条件の中で選ぶなら「1.健康であること」だ。

心と身体はつながっているから、最もわかりやすい幸福の条件だと、わたしは考えている。

身体がしんどいと心もしんどくなる。
人間は身体の反応に、合理的な理由をつけて理解したくなる生き物だ。身体がしんどいと「しんどい理由」を思考して見つけ出して、心もしんどくなってしまう。

痛みなどの身体のしんどさがあったとしても、そこへ意識が向くので、他のたのしそうなことを考える余地がない。

うつのど真ん中にいたころは、身体のしんどさもあって、幸せかどうか考えるのも、生きていくことも、とにかくしんどかった。「しんどい!だるい!!」の気分に自分の意識の全てが塗りつぶされたように感じられて、目の前にあるものに心躍ったり、たのしいものを楽しいと思えなくなっていく。

だから、自分なりに健康でいたいと思った。健康でいようと思った。

あと、もひとつ。
「4. 人とうまくやれる能力を持っていること」も大切に思う。

「人と馴染めない、居場所がない」と幼いころから感じてきたわたしは、「4.人とうまくやれる能力」が欲しかった。それさえあれば、居場所もできるし、人のことがわかって仲良くできるだろうと思っていた。

うまくやるために、自分を削るのはやりすぎかもしれないけれど。
人のことを理解したい、仲良くしたいと思って、近づいていける時間を増やすことが、わたしにとっての幸せを創る1つの要素かもしれない。

**

ユングの「幸福の5条件」を見て、どう?
何を思う? 何を感じる??

何に、最も、価値を見ているんだろうか?と考えてみるきっかけにして。自分にとっての「しあわせ」を自分で知っていこう!

自分でじぶんの「しあわせ」を知っていれば、いくらでもごきげん。いくらでも、しあわせをみつけていけると信じている。

それでは、またね
お告げ師でカウンセラー田村洋子でした


***
◆ニュースレターでは、もう少しマニアックにのびのび、発信中!
※個人セッションや長期プログラムの先行案内もレターから
ニュースレターをお送りしています(メールアドレスをご登録下さい)

◆公式LINEでは、時節のメッセージや先行案内配信中!
気が向いた時、個別に返信届くことも?! お気軽に登録くださいね
友だち追加 または。ID @901ssmzdで検索。



田村 洋子

お告げ師でカウンセラー*より自然体でじぶんを生きると決めた方へ*自分らしい幸せを創るための再設定/感じるセンサーをつなぐ個人セッション*まるごとの自分で暮らすためのパーソナルコーチ
*暦や食や花で今を感じる話し手(講師)、エネルギーワーカー
●見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
・カウンセラー根本裕幸氏お弟子さん制度卒
・活動地は東京、鎌倉、京都、時々大阪。

follow Me
じぶんを生きる
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました