まだまだ暑いけれど秋を過ごす準備を始める[重陽]

今日は9月9日。重陽の節句。

全てのものが陰陽で表されるという考え方のなかで、偶数は陰の数、奇数は陽の数。奇数で最も大きな「九」がふたつ重なるから、九九は重陽。

陽の数字である九がふたつも並んで、世界の気配が陽へと傾きすぎるから、気配のバランスが不安定になる時期となっている。季節の変わり目でもあるから、身体や心の不安定さも一層感じられる。そこで、あらためて、身を清めはらい、日常をつつがなくすごせますようにとまじないをかける日が重陽、9月9日。

重陽の日は年の節目。ちょうど菊の季節に当たるから、菊の節句とも呼ばれる。

露ながら折りてかざさむ菊の花 老いせぬ秋の久しかるべく

古今和歌集. 紀友則

菊の花に降りた露をつけたままに、冠に花を飾って。老いることのない秋が長く続きますようにと願おう。といった意味の和歌が残っている。

菊の花は、とても薫り高い。強い香りは邪気を払うと信じられていたから、菊の花に落ちてその香りをうつした露は霊水として、長寿と健康を願う薬のように取り扱われる。菊の葉なの露を集めることが難しい時には、菊の花を酒に浮かべてその香りを移し、菊酒を長寿のためのまじないとした。

そろそろと、秋が近づいてきている。菊の花も、少しずつ咲いてくることだろう。

菊の花びらを浮かべて飲むお酒は風流に感じられる。花の香りが少し酒にまじるから、いっそう秋の気分が強くなる。けれどもカレンダーの9月9日には、なかなか菊の花に会えない。もう少し先になるだろうか。

菊の花に会えないならば、実家にいたころのように秋のナスをおかずに食べようか。実が少し締まった秋のナスは、いくらでも食べられそうな味わいの濃い野菜になる。身体を冷やす効果もあるそうだから、夏の暑さが残っているこの時期の身体にはちょうどいい。

けれど、菊の花も食べたいな。

菊の花びらをむしって、軽くゆでておひたしや酢の物にして食べることを、東北地方勤務のころに覚えた。菊の香りのする、しゃっきりとした歯ごたえのほろにがい食べ物。体の疲れをとり、内臓の弱りを助ける効果があると教わった。体の中にのこった気だるい夏の疲れを溶かしてくれるのが、菊の花だときいた。

東京あたりでは食用の菊の花が、スーパーマーケットに並ぶ時期になった。野菜のコーナーにおいてあるかな、どうだろう。次、スーパーに立ち寄るときには気をつけて、菊の花を探そうか。

菊の花を食べ、秋を迎える用意を身体からはじめる頃合いが来た。
この秋も、健康に過ごせますようにと祈りながら、菊の花を探す。

旧暦の重陽の節句(10月頃)に供えた菊の花。
これは食べることができない鑑賞用。
0
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
暦ごと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました