ひどい「カウンセラー」のまま、カウンセリング受け付けてます

白か黒か。完ぺきな答え、「正しい」答えを出したくて、頭が心を追い詰める。これが、完ぺき主義の心の癖。

そういえば、覚悟ができない。と、気もちがうだうだになったのも、記憶に新しい。これも、謎な具合に完璧主義を発動したから。

「~ねばならない」にとりつかれて、自分を見失うところだった。完ぺき主義を、わたしの内でふりかざしていた。自分の思考で自分の心や気持ちを追い詰めて、ぐるぐるしていた(ことに、気づいた)。

この考え。自分の内側にあった声と向き合ってみたら、ちょっとおかしいと気づく。

カウンセリングだけ「しかやらない」というのは、少し変だ。カウンセリングや心のことを知るたのしみ、それ以外にも、たのしいと思えることがある。

カウンセリングをしているときは、カウンセリングがたのしい。それだけでいいと思う。
調べものをして書いているときは、もっと知りたいし書きたい。と思う。
旅の記録をおこしているときは、次はどこに行こうか考えている。
寝て起きた時は、おふとんが気持ちいいから起きたくないし。
おいしいもの食べるときは、どうやって自宅で味を再現するか考えてもいる。

わたしの内側に、たくさんの「やりたい」が詰まっていて。そのうちのひとつがカウンセリングだ。カウンセリングをしているときは、それをやりたくてやっている。

効率とか、計画性とか。おいといて。自分が「やりたい」とおもった気持ちを大事にしよう。それだけで、よくはないか?

しかも、「決意しなきゃならない」なんて、誰も言ってない(自分しか言ってない)。時間をつくるには、何かをやめないとつくれない、というだけのこと。あらためて、決意とか。難しく考えなくていい。

それなのに、自分で、また追い込んでしまっていた。「カウンセラーとは、清廉潔白で。正しくて。揺らぎのない人」という概念に、自分を押し込むところだった。

もしも。清廉潔白で、正しくて、揺らぎのない人が「カウンセラー」なのだとしたら。そうできないわたしは、ひどい「カウンセラー」だ。わたしが目指すカウンセラー像は「 清廉潔白で。正しくて。揺らぎのない人 」ではない。

あなたの中にあるものを、あなた自身で確認するときに。第3の目とか感覚器官のように、こそっとサポートする人。おはなししてくれることで、ふっと力が抜け安心を取り戻せること。選択肢を増やすお手伝いができること……これが、わたしが目指しているカウンセラー像だ。

そうなれるように、これからも、心のこと、カウンセリングのことを、わたしは学び続ける。心の在り方や自分ののりこなし術として、自分での実験観察も続けていくだろう。その最新成果は、自分だけでなく周りの人とも、分け合ってゆきたい。自分が悩みにはまってきたこと。それらは人生のネタとして、自分の中で生きているから。違う視点(わたしの視点)から、その人らしさを再確認するサポートはできるだろう。

そんなネタやら、実験観察の成果やら。使えるものは見せながら。ご相談いただいたとき、今日の私の最善bestで、お返事を書いてまいります。

【イベント開催のお知らせ】 あなたが何を大切にしているのかを、ゲームから見てゆく。 >> 2/28金曜「大切にしている思いを知ろう」の日! @中野 。お申し込みはこちらから。

人に会って、笑顔が戻る瞬間をたくさん感じたい。会いに来てもらえた人と、わたしのままで向き合ってみる。お話をきいていこう。

身体に入っていた力が抜けるといいな。お話をしてくれた人が、自分で自分の選択を信じていけるようすを、みていられるといいな。笑顔が戻る瞬間に立ち会えたら、最高。立ち会えなくても、最高。

今も、そう思っています。そして、こんなわたしにご相談していただけること、とてもありがたく思っています。

ありがとうございます。これからも、よろしくおねがいします。

(……この記事。ご感想をくださったCさん、Yさん、Kさんへのお返事になっていたら、幸いです。ご心配やご意見、ご感想をくださり、ありがとうございました。)

ご相談へのお返事事例

ご相談◆環境汚染に対する強い恐怖と鬱状態をよく経験するようになりました。へのお返事
ご相談◆休職後の不安。自分の気持ちを話せるようになるには? へのお返事
ご相談◆片思いの恋と、自分を大切にすることへのお返事
ご相談◆元夫とのかかわりを断ちたい。へのお返事
ご相談◆生きていてよかったと思うには。へのお返事
1+
タイトルとURLをコピーしました