「見えない部分」から現実の形ができ始める。

「あったかいお水が使えると、ほっとするわ(ありがとう)」と思いながら、駅のトイレで手を洗った先日のお出かけ帰り。

今、わたし達の目の前に見えているものは、全て、誰かの思いが形になったもの。

寒い冬は、あったかな湯で手を洗えたらほっとできるよね。と思ったかどうかは分からないけれど、蛇口をひねるだけでお湯が出る仕組みを、思いついて、形にしてくれた人たちがいた。

そのおかげで、今日のわたしがあったかな湯で手を洗えている。

そんな感じに、全て物はまず。
「見えない世界」で形が生まれて、「見える世界(現実)」で形ができる。

「見えない世界」で形が生まれて、「見える世界(現実)」で形ができる。
のだとして、
自分はどんな現実世界を生きてみたい?

ちょうど年末年始のお休みだから、あらためてじっくと考えてみようか。感じてみようか。

ヒントになりそな、あれこれを。リンクで貼りだしてみたよ。
ご参考に。

見えないものを変える時。
まずは、どんな感じに変えたいかのイメージを自分で持つのがはじまり。

だから、まず。自分で自分の望みを知る。

来年のわたしが何をかなえようとしているかの野望や、来年に行きたいと考えている場所、どういったテーマで毎月を過ごすかといったものをリストにしてみようか。
かなえごとリストを作る年末年始。

リストに挙げるのは苦手なら、画像で選んでみるとわかりやすいかもしれぬ。
なりたい未来の形を、見える形に。ピンタレストを使ってビジョンたちをえがく

そうやって、まずは見えない中で自分の見たい現実世界をイメージしていく。

自分がどうしたいのか。まずは、自覚するところがはじまり。

焦点を合わせた時に見えてくるのは、どんな景色?

「なんとなく変えたい」と思っていたなら、現実も「なんとなく」しか変わらない。
それでも!
「今」を変えたいなら、「今の思い、見えない世界」を変える。

そうすることで、じわじわとピントが合ってくる。行動にも反映させることで、さらに変化が進む。

いつの間にか、自分の望んでいた以上の世界で暮らしていると気づくときが来る。

さて、わたしもこれから数日間はじっくりと。自分自身の望む世界をみつめてみようか?
てことでビジョンボード作成するよ。

12月の初めに一度つくってみてはいるけれど、もうちょっと精査して。パートナーも巻き込んで、一緒に仕事してる仲間たちとも初詣のあとでおしゃべりして。

「来年末は、こうなってるんだよ~」というボードを作ってみる。

そして、来年の今日に答え合わせ。どれくらいかなったかな~。今からのお楽しみ。

「願い」について書かれたあれこれ

(12/21)ひとり。ときどき、チーム?
(12/20)うまくやらなくていい。正しくやらなくていい。
(12/19)願いをかなえるのは誰だろう?
(12/16)「今」を、自分の望みへ向かう道の上に置く
(12/9)偽の望み、本当の望み
(12/3)自分の思いが現実を作る。その作り方

◆3/11金曜の夜『あなたの本当の望みは何ですか?』詳細公開は後日。
「気が早いけど、もう申込んじゃう」てな方はこちらから、お申込みフォームが開きます

***

ニュースレターを受取る
もう少しマニアックに、その時のエネルギーについて、のびのびと発信中!
※個人セッションやプログラムの先行案内もレターから


田村 洋子

五感覚醒コーチ。まるごとのじぶんを自然体に生きるためのパーソナルコーチ*旧暦とマヤ暦、食や花で今を感じる話し手*心理学講師*周波数調整するエネルギーワーカー 、呼吸と瞑想法
●見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
・カウンセラー根本裕幸氏お弟子さん制度卒
・活動地は東京、時々大阪、時々山の中

follow Me
じぶんを生きる
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました