祈り

お告げ師の落書き

自分の命である、時間。その使い道を考える3月に。ついたち、はじまる。

三月になりました。光がだいぶん、あったかくなってきて、のんびりと窓辺でひなたぼっこしたくなって来た... 
お告げ師の落書き

「静まれ、落ち着け」「許そう」を意識する2月。ついたち、はじまる。

2月1日といいつつ、2月のはじまりというよりは、旧暦での一月(睦月)のついたちがはじまるといった意... 
お告げ師の落書き

自分という「器」に何を注ぎ入れる?を選ぶ1月。ついたち、はじまる

今朝、目覚めたら「来年」になっていた。たった一晩を過ぎて、もう新しい今年がいつのまにか始まっている... 
お告げ師の落書き

今年を振り返りながら来年を思う12月。ついたち、はじまる

朝、目覚めたら雨の音が聞こえて来た、ついたち。 雨は祓い清めの恵みとも聞く。十二月だから祓い... 
お告げ師の落書き

心地よいときを重ねて、やらないことをやらない11月。ついたち、はじまる。

ふわっと目覚めて、ついたちに。思い浮かんだのは「時間がない、今年が終わるよ」というイメージ。 ... 
お告げ師の落書き

さて行くぞ、その前に。深呼吸をする10月。ついたち、はじまる。

「たのしいまま頑張る」という表現があるけれど、「頑張る」は自然の姿ではないのだなと実感していた月末... 
暦ごと

「自分の内にある力を思いっ切り発揮してもいいよ」

自分の持っている力を、思いっ切り発揮するのは、なんだか怖い。 思いっ切り発揮したのに、うまく... 
お告げ師の落書き

マイペースだいじに、自分自身を大切にする8月。ついたち、はじまる。

7月の終わり1週間は、片づけをしたり、モノコトやめてみたり。何を手元に残しているのか再確認をして来... 
じぶんを生きる

「やりたい」気持ちを表にひきあげてみる。新月の日

やりたい。必ず、やりたい。いずれは、やりたい。いつかは、やりたい。 「やりたい」気持ちにも、... 
お告げ師の落書き

これからの半年をどうすごす?の7月。ついたち、はじまる。

梅雨時らしくなってきたなと思ったら、もう7月になった。ざあざあぴちゃぴちゃと鳴る雨の音をききながら... 
タイトルとURLをコピーしました