隠してきた自分をひらけて抱きしめる、11月。ついたち、はじまる。

11月1日。今日の日付を並べたら「11.1」と1がならぶ。1は、数えはじめの数字で、存在がそこにあることを示すから、1がならぶと『存在が「ある」ことを思い出せよ』と教えてくれているような気分になる。……同じ数字が並ぶゾロ目を見たならば、単純にうれしいという気分もあるのだけれど、ね。

今月も、またはじまる。
ついたち、はじまる。

隠してきた自分をひらけて抱きしめる

なりたいしあわせの形、あこがれのモノコトを追いかけながら、出会いなおしてきた自分自身。

職場や家などで共に過ごしている人たちの中で、自分も一緒にたのしく過ごそうと願って、周りに見せる自分を選んだり、自分の持つエネルギーを押さえてみたり。そうするうちに、自分自身でも、元あった自分自身とそのエネルギーを見失ってきたかもしれない。

だから、今月は「隠してきた自分」と目をあわせて抱きしめよう。

他の人にみられたくないと感じ、こころの奥に隠してきた自分自身は、まるで箱の中に隠しているみたい。箱の中にかくしたものは、外からも見えないけれど、自分自身にも見えない

だから、隠したい自分が入っているこころの部分を、そっとひらけて中をのぞく。

そこには、悪い自分、残念な自分、周りとうまくやるためにあきらめてきた自分もいる。そんな自分を向かいなおして、そのままの形で”目”をあわす。今の自分と溶け合うように、自分を抱きしめる

「好んでいる自分」と「嫌っている自分」と、その両方で自分自身

10月最後の日が満月の夜だった。牡牛座の満月の夜。

牡牛座が表すものは「自分自身の才能」だから、「自分そのもの」とかかわり深い満月の夜だったかもしれない。

「自分そのもの」というときに、できれば素敵な自分自身を思い浮かべたいもの。だから、うっかり、人は「残念な自分」をおいてけぼりにしがちとなる。「あきらめてきた自分」のことは、もう思い出すことも難しいかもしれない。

だから、あえて。今月は。
残念な自分も、あきらめてきた自分も。そこにいるよと思い出して、見つめ直したい。

そして、自分が「好んでる自分」と「嫌っている自分」と、その両方で「自分自身」になっていることを意識して過ごしたい。

そして、よもやま自分ごと

「読まれること、選ばれることを、あなたはあきらめていますね」
これは、とある選考の選考者さんからわたしにむけられた評だ。

わたしは、確かにあきらめている。
期待してしまう自分を嫌うわたしは、周りに期待しないために「あきらめる」ことを選んだ。

誰よりも自分のことを選んでほしいと願うくせに、選ばれないわたしを受け入れるのが苦しいから。

あきらめると、気分は楽になる。けれど、自分の持っているエネルギーをつかって、しあわせにむかう推進力は減る。

あきらめるため、自分の内へ本当の気持ちを押し込めるとき。
外にあふれる気持ちを抑えることにエネルギーを使う。
平気だよと自分を取りつくろうことにエネルギーを使う。

これらのエネルギーを、自分自身を表に出すことに使うなら、どれほどのエネルギーをしあわせに向かう推進力として使える事か!

だから、自分自身が思う「悪い自分」や「嫌な自分」にも、一度、向き合いなおそうと決めた。「好き」も「嫌い」も、表裏だから、どちらもあってひとつの「自分」になる。

そのことを改めて、思い出す。

自分が好んでいる自分と。
嫌っている自分と。
そのどちらもが今の自分と溶け合うように、自分を抱きしめる

そんな11月を過ごすと決めた、わたし。

今月は、どんな設定で過ごしましょう??
なにをしてみましょう、どのように過ごしましょう?
次のついたちまでに、どんな結果を得ると決めますか??

あなたは、どのような11月を過ごすと決めますか?

それでは、また。
お告げ師洋子でした。

★目標苦手さん、ライフワークストーリーを一緒にかきませんか?

★宇宙の流れによりそって動く心や身体の感覚も取り入れて、今とこれからを見つめるセッションのご案内「伝えきりセッション」。

0
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
暦ごと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました