「感じる」って、どんな感じなの?

「今、どんな感じがする?」

わたしの個人セッションやお散歩・遠足企画などで、よくわたしが口にしている言葉らしいです。
(自分では、まったく気づいてなかった!聞いてびっくりした)

わたしは、ずっと「感覚とか、感じるとか言われても。今の感じを聞かれても、なんのことだかわからない」と思ってきたのでした。

だって、感じるとか、感じとか。情報が膨大過ぎるから。
いったい、相手に何を聞かれているのか見当もつかない。

「感じればいいんだから、どんな感じか教えて?」と、カウンセリングやコーチングを受けたり、占いなどに行ったりして聞かれたら、頭が真っ白になっていました。

だって、今のわたしが思っている膨大な情報の、どれを伝えれば相手の質問に答えたことになるの?
どれが正解? 伝わる言葉になる?

そして、頭が真っ白になる。もしくは、頭が固まる。身体も固まる。

今になって思うに。
真っ白になったり、固まったりするときは、自分でそうと意識しないまま【正解探し】をしていた。

相手に、どういえば伝わるか。
相手に、何を応えるのが正解か。
いつも、考えていた。

「感じる」のは、周りの誰かにとっての正解はなくて。
自分にとっての、その瞬間の正解?だけがある。

その時に、自分の内側で渦巻く膨大な情報の全てと、身体の表面で受け取る情報の全て。全部をあわせて、「今のわたしが、何か。最も気になるものを、伝えるとしたら、どれ?」と選ぶのが、感じるだと思っている。

ほんと、なんでもいい。その瞬間に、自分が最も気になってることを、そのまま受け止めてることが「感じる」。

だから「感じる」ことは、観察することなのではないか。できるだけ、たくさんのモノコトを、その瞬間に思っていると自分が知ることではないかと思っている。

だから、たくさん、感じてみよう。

今の自分が、何を考えて何に意識を向けていて、何に強く惹かれるのか。
渦巻く膨大な情報から、この瞬間にすくいあげた情報は、どんなものであったか。
自分が知る。
それが、感じる。

そう思ったら、思考がちであると言われる人も「感じる」ができそうな気がしてくるよね?

/*ちょっと余談。
思考がちと言われる人は、感じるセンサーが敏感な方が多数いると思っている。取り扱うことができる情報が膨大だから、思考で処理している感じ。

理論的な方と思考がちな方の違いは、処理された思考を時間に沿って整理できるかどうかの違い。思考の網の目の広がるスピードが速かったり、連想が得意すぎたりすると、理論的になりづらいのかもしれない。
余談、おわり*/

「感じる」が、どんな感じなのか。

それは、自分の内側へも、自分の外側へも。たくさんのセンサーをのばして、多くの事柄を自分の内側で受け止めようとすること。

だから、頭の中をまわっている思考をすくい上げてみようと思うことだし。
身体の感覚で、目に映るもの、匂い、皮膚の感触(あたたかさなどの温度、やわらかさ)、聞こえてくる音、口の中に広がる味などを知ることでもある。

そのような膨大な情報を、たくさん、取り入れて。自分の内側で、ある瞬間に「とあるひと塊の情報」を選び取ること。ぱぱぱとつながっていく連想の先にあるものを、とりあえず今のひとつに選ぶこと。

そうして、外には正解のない「感じる」を感じて。
今を選んでみる。
それが「感じる」。

周りに対して遠慮することなく、自分におきている、そのことを選ぶのが「感じる」。

「今、どんな感じがする?」と聞かれたら、その時の、今の様子を選んでみる。
そこから、次の問いが生まれ、「感じる」が深まっていく。


***
ニュースレターをお送りしています(メールアドレスをご登録下さい)
◆ニュースレターでは、もう少しマニアックにのびのび、発信中!
個人セッションの先行案内や長期プログラムのお知らせもレターから。

◆公式LINEでは、時節のメッセージや先行案内配信中!
気が向いた時、個別に返信届くことも?! お気軽に登録くださいね
友だち追加 または。ID @901ssmzdで検索。



田村 洋子

お告げ師でカウンセラー。活動地は東京、鎌倉、京都、時々大阪。
心理学講師。エネルギーワーカー。
*より自然に「じぶんを生きる」ために、心と身体の【感じる】センサーをつなぐ個人セッション*暦や食や花で今のエネルギーを感じ、感じる身体をとおし魂を震わせて生きる*潜在意識を見える形にするカードつかい
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
・カウンセラー根本裕幸氏に師事

follow Me
お告げ師の落書き
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました