自分の出来る範囲は「する」、それ以外は「頼む(助けてもらう)」

新年あけましておめでとうございます

そういえば、「初詣でなにを考えているのですか?」と、わりとよく聞かれるな。と、初詣を終えた帰り道の参道でふと思い出し。参道の端にちょこっと避けて、ごにょごにょとStandFMを録音。、初詣や年末のお参りの時にわたしが考えていることを話してみた。(その内容を元に、この記事を書いています)

初詣や年末のお参りは、しばらくぶりに会う目上の方に、ごあいさつをしに行くような感じだと思っている、わたし。

神社やお寺にお参りする時には、「お久しぶりです」だったり、「元気にやっています」だったり、割とフリースタイルなごあいさつ。

でも、そのときに。ひとつだけ、決めているのは。
「自分自身は、これくらい行動したんだよ。でも、それ以上の部分を助けていただいたのを知っているから。そのことについて感謝しています」と、ありがとうを伝えてみること。

もひとつ、新年には「今年もよろしくお願いします」というのだけれど、何を「よろしく」するのかをん!と祈りの中に込めるようにも感じている。

神社やお寺にいる(かもしれない)見えない世界の存在たちに、「よろしく」とお願いするのはご縁をつないでいただくこと。

人やモノコトとの出会いであったり、
何かコトの起こるタイミングだったり。

それを、自分の願いに向かっていく道へつながっていけるように、つないでいただくことを「よろしく」するのだ。

だから、そういった人知の及ばない部分について「どうぞよろしくおねがいします」。

……そうしてお願いする以上は、自分も行動をする。

「自分の願いは〇〇です」と自覚して、それに向かって自分の想像の及ぶ範囲で行動をしていく。

自分ができる範囲のことはやるけれど、想定できないような部分で手助けしてもらうと決める。

自分自身の行動と、見えない世界の存在からの手助けと。
その二人三脚をとおして、願いがかなっていく。

(どうも、そう思えてならないのです。わたしは)

初詣のお作法は、神社やお寺に立て看板が出ていたり、他のサイトを検索して知ったりできるから省略。

雪の落ちてきそうな寒いついたちでした

それでは、またね。
お告げ師でカウンセラー 田村洋子でした

*自分の願いってなんだろう? 自分自身でよくわからなくなっているときは、お役に立てるかもしれない。
⇒「あなたの本当の望みは何ですか?〜偽のビジョンをやめて、じぶんを生きる〜」
3月11日金曜。19時30分から21時。東京/オンライン。
(ココロノオフィスさんでの心理学講座。近日中にブログで内容をお知らせ予定)⇒もう申込む!って方はこちらから


***
ニュースレターをお送りしています(メールアドレスをご登録下さい)
◆ニュースレターでは、もう少しマニアックにのびのび、発信中!
個人セッションの先行案内や長期プログラムのお知らせもレターから。

◆公式LINEでは、時節のメッセージや先行案内配信中!
気が向いた時、個別に返信届くことも?! お気軽に登録くださいね
友だち追加 または。ID @901ssmzdで検索。



田村 洋子

お告げ師でカウンセラー*より自然体でじぶんを生きると決めた方へ*自分らしい幸せを創るための再設定/感じるセンサーをつなぐ個人セッション*まるごとの自分で暮らすためのパーソナルコーチ
*暦や食や花で今を感じる話し手(講師)、エネルギーワーカー
●見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
・カウンセラー根本裕幸氏お弟子さん制度卒
・活動地は東京、鎌倉、京都、時々大阪。

follow Me
お告げ師の落書き
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました