「ありがとう」のもつ力・効能。

「ハンノンレ!」は、なにかのあいさつの言葉。日本語ではないのは確かだろうけれど、何語かわからないまま頭の中にこびりついてた。

ハンノンレ!
何かのきっかけで、思い出したり。忘れたり。

今日、やっとハンノンレ! の正体を知った。
エルフ語(シンダール語)だった。「指輪物語」という長編ファンタジー小説の中に出てきた言葉で、作者のトールキンが創り出したもの。

「ハンノンレ」は『ありがとう(Thank you)』という意味でした。言葉の訳がわかったら、なんとも、言えずたのしくなれる。

おりよく、そろそろ月末。今月の「ありがとう」を数え出す日

今月は「感謝」「ありがとう」のほかに「ハンノンレ」もつぶやいて、数えてみようか。

「ありがとう」を数えれば数え出すほど、気もちがほわっと軽くあたたかくなる。

気持ちが軽くあったかくなるのは、「自分も結構、がんばれてたね」と振り返ることができるから。「こんなわたしを大事に思ってくれた人がいた」と気づくきっかけにもなる。

そのあたたかな気持ちは、次もまたがんばっていくわたしを支えてくれる力になる。

ありがとう」のもつ力・効能

「ありがとう」と感謝の気持ちを数えることで、自分にもやさしくできるようになる。応援されてることに気づくことができて、ひとりじゃないよと思えるようになる(孤独感がやわらぐ)。あったかな感覚を通して愛を感じられるようになる。

「ありがとう」は運氣をあげる言葉だともいわれているから……いいこと尽くし!

6月のカレンダーもあす1日でおわり、7月になる。
今年が半分終わる、のこりは半分になる。

6月30日(みそか)は、夏越の祓という厄おとしの日。厄を落として、この夏から先も健康でいられますようにと願う日。

だから、あしたは厄を落としに近くの神社まで歩きに行ってみる。そして、今月分のありがとうを届けてくる。

季節のおいしいものをたくさん食べた6月だったな。プレゼントしてもらったり、おすそわけをしたりされたり。笑顔を見ることできたよ、ありがとう。うれしかった。

初めましてさんに会えたことも、うれしかったな。ありがとう。
友人や知人たちと久しぶりに直接あえたことも、うれしかった。ありがとう。
いつも、ありがとう。今月もありがとう。

薄く雲の奥ににじむ半分の月

ハンノンレ(ありがとう)をつぶやいたら、エルフに伝わるかな。エルフは自然の恵みをつかさどる精霊らしいから、自然の恵みへの感謝が伝わるのかも。
でも日本にはエルフは居なさそう。いるとしたら、もののけさん達かな、また山に行こうかな。

……などなど。考えながら、夜を見あげた。

薄い雲ににじむ半月は、まんまる。ひとあし、お先に満月をむかえていた。


★カウンセリング

セッションを予約する

-----

ご感想や励ましのメッセージをいただけると喜びます!

◆公式LINEで、先行案内やお得情報配信中!
お気軽に登録くださいね

ID @901ssmzdを検索していただくか、
友だち追加で!

3+
タイトルとURLをコピーしました