自分が苦手にしている「わたし」の手を取ると、自信になる

誰にも見せたくないとおもう、わたしの苦手な「わたし」を自分の内側に持っている。

みせたくないと隠してある「わたし」は、あの人に愛されたい、愛が足りないと騒いでいる駄々っ子。大好きな人に好きと言えなくなる小心者。

こんなこと言ったら、仲間外れにされてしまうんじゃないかとおびえていたり。もっと、わたしの欲しい形で愛をよこせと恐喝していたり。……わりと、わがまま放題。欲まみれ。

でも、そんな「わたし」がいると知って。わたしが、内側の「わたし」に手を差し出して、はなしを聞いてみるしかない。

内側の「わたし」の主張を聞くだけでいい。何を思っていたのかを知り、「わたし」を認めることで、内の「わたし」とわたしとは手を取りあえる。

無理に抱きしめて「わたし」と一体化しようとしなくていい。そこに「わたし」がいると理解するだけで、認め合えるし、手を取れる。

そして、内側の「わたし」の手を、そっと他の人に差し出すのだ。

この「わたし」も愛してくれますか?

差し出す相手は、わたしが信頼できると思えた相手。この人こそは、と差し出してみる。

自分が嫌っている「自分」や苦手にしている「自分」が、何を思っているかを知る。自分が嫌っている「自分」の存在を、自分自身が認める

自分自身で認めることができたなら、内側の「わたし」の手を取れる。

内側の「わたし」は、自分だけでなく、他の誰かにも愛してもらう。そうすると、より自分でも愛せるようになる。自信の自覚が強くなる。

わたしと「わたし」が手を取るとまんまるになっていく

あなたは、この手を取ってくれますか。

ここから先は、相手の反応を見守るのみ。わたしが勇気をもって行動するのは、手を差し出すところまで。

他の誰かに差し出したわたしや「わたし」の手を取るかどうか。
それを決めるのは相手次第。

でも、わたしは手を差し出しても、相手は手を取ってくれないのではないかと不安を感じやすい。

わたしが強く好きになると、「好き」や「愛」がねじれて届かなくなる。相手は恐れをなして逃げる、いなくなる。……と、わたしは思っているみたい。

自分のビリーフ(思い込み、概念)をひとつ、みつけた。だから、わたしは愛の受け取り拒否もするし、自分の愛を隠しておこうとする。

それがわかっていれば、何度も。勇気を出すトレーニングだ。
ここぞといった機会をみつけて、何度も。無心に手を差し出してみる。自分が愛していることを隠さない。

そして、自分が思う以外の形であったとしても。そこに来た「愛」の存在を感じる。

***

ニュースレターを受取る
自然体のじぶんをどう生きる? 「今」の流れをつかむには??
そのヒントにできそうな内容を月2~3回、レター配信しています

※個人セッションやプログラムの先行案内もレターから


田村 洋子

もっと自然体で、もっと自由に!たましいからの自分を発揮して生きるコーチング*じぶん研究家、お告げをしないお告げ師/マヤ暦「宇宙のリズム」講師/周波数調律家、呼吸と瞑想法
●見えないものを見える形に ◆笑顔ではなうた、おいしいごはん #じぶんを生きる 自然に生きる
・カウンセラー根本裕幸氏お弟子さん制度卒
・活動地は東京、時々大阪、時々山の中

follow Me
心のモノコト
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました