猫とあそぶ。よくわからないけど、大丈夫だ。

猫が好きだ。猫にアレルギーを持っているけれど、それでも猫が好き。 (動物の毛によるアレルギー症状を持っている)

友人のおうちにお邪魔して、猫さんたちと遊んできた。まだ、生まれて4か月ほどの猫さんたち。実家の猫さんたちは、すでに10年以上生きている高齢猫。その高齢猫さんと比べると、ずいぶんと若い。

ちょいちょいと、猫じゃらしを使っておびきよせると、びよーんびょんと伸びあがる。勢いよく、空中で身体をひねりながら動き回る。この勢いの良さは、最近みることがなかった勢い。いくらか昔に、実家の猫さんで見たことがあるかな。

ひょいひょいと、おもちゃを動かしてみるなら、狩ってやろうという気分いっぱいにこちらをうかがう。見ていないふりのまま、おもちゃに突進し、勢い余って人にとびつく。

びょんびょんと伸びることも、勢い余るところも。隠れる様子も。
その全てが楽しく、愛らしい。

愛らしいという想いは、その猫さんたちそのものが持つ元気さにもむけられるが、もう遠くなった若さへも向けられる。全身を使って びょんびょんと飛んであそぶ猫さんを見ながら、実家の猫さんを思い出したり自分の昔を思い出す。

身体いっぱいに楽しさを表し、後先かんがえず、おもちゃに向かっている猫さん。これくらい、めいっぱい、たのしく遊んでいいんだよな。

時間がたち、経験も増え。考え思うことも、それなりに重ねてきて。気づいたら「たのしい」を全身で表現する機会はなくなってきた。

先日、会った年下の友人たちも、とても愛らしかった。人それぞれに経験して、その上に今があり。これからのことを見て悩んだり、エネルギーを発したりしている。それが、いとおしく感じられる、ほほえましい。

自分自身も、年長の友人からみて、こんな風にほほえましく愛おしく、思ってもらってるんだろうな。

そう思ったら、時間が過ぎる中で生きること、悩んでいても生き続けていること、楽しく生きていること、その全てが大切に、あたたかく思えた。

ぬいぐるみに釘づけな猫さんたち

なにがあっても「生きていること」それ自体が、これほどにあたたかく、愛おしい。
愛おしいという感覚がじんわりと体に染みてくる。

自分のふがいなさにイラッとしたり、足りない感覚へはまりこんで苦しくなることもある。そのネガティブな感覚すら愛おしくたのしいものに思える。

ネガティブも愛おしいと知ったら、いっとき、イラッとしたり、泣きたくなったりしたとしても。結局は、この愛おしい感覚にたどり着く。 もう。何があっても、ほのっと笑顔でいられる。

今、苦しくなっても、結局はこの愛おしさにつながるから、大丈夫。
今、楽しくなれば、そこから周りへとたのしさ湧いていくから、大丈夫。

だから、何があっても大丈夫。
何がなくても大丈夫。

なんだか、全部、大丈夫なんだ。よくわからないけれど、大丈夫だ。

今日も、猫さんたちはかわいらしく。びょんびょんと遊んでもらって、私もうきうき。
友人とお祭りのような夕食を食べて、たのしく一日が終わる。

だから、今日も大丈夫。たくさんたくさん、ありがとう。

晩ごはんで食べたクレソンとルッコラのサラダ。パクチーもいた。
グリーンのオブジェみたいに、山盛り!!!びっくりした。美味しかった。

田村 洋子

五感覚醒コーチ。まるごとのじぶんを自然体に生きるためのパーソナルコーチ*旧暦とマヤ暦、食や花で今を感じる話し手*心理学講師*周波数調整するエネルギーワーカー 、呼吸と瞑想法
●見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
・カウンセラー根本裕幸氏お弟子さん制度卒
・活動地は東京、時々大阪、時々山の中

follow Me
心のモノコト
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました