潜在意識でつながる。こころの奥でつながる感じ

同じ場を、ひととき、共にわけあう。

そのとき、人はこころの奥の向こう側でやんわりと、つながる。

昨日5/29の昼間、東京の空にブルーインパルスが飛んだ。

医療従事者のみなさまに「ありがとう」と感謝の気持ちを込めて。白いスモークで空に線を書きながら、東京の空を飛んで行った。

「飛行機が飛んできたよ」と子どもの声がする。

その声につられたように、下を向いて歩いていた人たちも顔をあげた。足を止め、空を見あげた。

「あそこに飛んでる」「ブルーインパルスだ」「どこ?」

空を見あげて口々に探す言葉が、静かなざわめきになって拡がる。

きゃあきゃあと、歩道の脇に立ち止まる人。空を指さす人。みんな、たのしそう。

わたしは空を見るのも楽しいけれど、周りの人のようすをみるのも楽しかった。

マスクをつけたままの顔のうしろで、大きく口がにんまりと動く。笑い声が聞こえる。子どものはしゃぐ声もする。

外で、空を見あげて笑うなんて、どれほど久しぶりだろう。

飛んで行く飛行機たちが、地上にいた人たちのこころをまとめてくれる。

ふわふわ。ざわざわ。笑顔と驚きが広がって。そこここにある気配たちがつながっていく。そして、ぐるんと大きなひとつになった気がした。

真上になる頃、ようやく撮影を思いついた。

空を見あげていた間、みんな笑顔だった。

あのとき、あの場を。ともに分け合って、笑顔が重なる。

ひとりだけの笑顔より、あの場に居たたくさんの人たちの笑顔。奇妙な仲間意識がふわっと浮かんできた。

この仲間意識のような感覚が、こころの奥のむこうでつながる感覚かもしれない。

そして「ありがとう」とメッセージをもって飛んで行った飛行機たち。それを見送った後は、自然に意識が感謝へと向かう。感謝の行き先を周りに探し始める

お店に居る人も、歩いている人も。自分の内臓も、細胞も。景色の中にあるみどりも空も……周りにあるこの世界に「ありがとう」とおもった。

日常に見える中で、それぞれに生きてる。その実感が押し寄せて、心臓の奥がたぷたぷとふるえる。きゅうっと息が詰まるような、しあわせな気持ちになった。

空を見あげていた時間は、長かったようで、あっという間。

それなのに、こころの奥底で気配たちがふんわりと重なり合ったときの、しあわせな気持ちはしばらく自分の内に残る。

通り過ぎた跡はクリームの飾りみたい

空には、ほわほわと柔らかな雲のラインが残った。その白いラインは、にじむようにふくらんで。いつのまにか、空の青の中に溶けていった。そして、日常に戻った。


★10月予約のご案内

◆対面東京:10/17土14時~

セッションを予約する

-----

ご感想や励ましのメッセージをいただけると喜びます!

◆公式LINEで、先行案内やお得情報配信中!
お気軽に登録くださいね

ID @901ssmzdを検索していただくか、
友だち追加で!

▼6/2まで受付中

1+
タイトルとURLをコピーしました