季節と季節の変わり目には、淡々と

ちょうど5月と11月あたり。動物が冬毛と夏毛を生え変わらせるみたいに、冬用だった身体を夏用の身体に入れ替わる。動物たちほど、目で見てわかる変化ではないけれど、人間もこころや身体に変化を含む頃合いになる。

この時期に。こころが不安定に感じるのも、身体の調子が整いづらいとしても、それは生物としての本能の一部。必要以上に身構える必要はない。

ああ、夏が来たのね。

そう思って、淡々と向き合う。

いつもより、ていねいに。
自分の内側、身体の感覚をのぞき込む。

うつ病と診断されたことをきっかけにして、心と身体の調子をメモし続けている(緩解(かんかい。とりあえず治ったよって状態)した今も、まだ続けている)。その記録をながめてみても、5月と11月は心と身体の変化が激しい。

気分や体調の高低差がぐんとひろがり、変化の波の間隔も近くなっている、この時期に。いつもの調子で、自分をのりこなしていたら、つるんと、はじき飛ばされてしまうように感じている。

だから、この季節は「淡々と」じぶんの感覚をかんじる。のぞきこむ。

内側をみながらも、外の景色は美しい。外の美しさと、内側にある感覚のちがいが不思議でおもしろいなと、ながめる。

冬の身体が夏の身体に入れ替わる時期に、わたしは体調を崩す、身体が痛くなる。身体と心の入れ替えの痛みだと、自分では思っている。

数日寝込むことになるこの痛み、小学生くらいの頃からのおつきあい。年に2回やってくる。病院で検査しても悪い場所が見当たらず、謎のまま。医者には心因性だと言われ、症状そのものも数日たてばぴたりと消えるから、この季節の数日は痛みがあるものだとあきらめている。

この春も5日前の夜から痛みの間隔がせまく近づいてきて、動きを制限し始めた。昨日が痛みと気持ち悪さのピーク。今、ようやく耐えられるくらいの痛みになり、ほっとしているところ。

寝ている間に、書いておきたいこと、どんどん出てきた。座っていられる時間が短いから、ごろりと横になったまま、手元のノートにメモするだけ。

母の日や母に感じている複雑な思いのこと。
16分類性格診断のこと。
「結婚」制度が苦手な理由とか
「偶然性」は心のねっこのその先につながってる話とか。

ノートに書いたネタたちを、書ける日が来るのをたのしみにあっためて、今日はこの辺で。


★カウンセリング

セッションを予約する

-----

ご感想や励ましのメッセージをいただけると喜びます!

◆公式LINEで、先行案内やお得情報配信中!
お気軽に登録くださいね

ID @901ssmzdを検索していただくか、
友だち追加で!

5+
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました