じんましんと偶然性から見えてくる、自分のこころ

今日の朝、起きたらじんましん発生。ひざから上、太ももにかけて、ぽちぽちと赤い斑点が散らばった。かゆくはないのだけれど、見た目がどうにも、うるわしくない。

これ、どういうこと?
わたし、何か変なもの食べたかな。
石けんや洗剤も変えていないし、なんだろう。
もしや、こころが身体にあらわれた?

身体と心のつながりを書いた師匠の記事を、先日、読んていたことを思い出し。改めて読んだ。

皮膚にも抑圧した感情、特に怒りが現れやすいと言います。
イライラすると痒くなる人いませんか?
怒りが出て来てるんです。

じんましんは痒く(かゆく)ないから、怒ってはいない気がする。でも、隠していたり気づきたくなかったり。抑圧した感情あるから、皮膚に症状出ているんだろうな。

足は大地に踏ん張るわけですから土台そのものを表します。グラウンディングをする場所ですし。

グラウンディングをあらわすなら、ひざから下の部分にも出そうな気がするし。でも、グラウンディングというか、自分の決心みたいなところがぼけてきてるんだろうか。

わたしが気づきたくない感情って何だろう。
揺らいでる決心あるとしたら、なんだろう。
……そう思いながら、最近のわたしのこと、考えてみる。

ふと、ルイーズ・ヘイさんという世界的ヒーラーさんの書いた本を思い出した。症状から心の様子をしらべて、言葉がけ(アファメーション)で心と身体を癒そうとする本「すべてがうまくいく「やすらぎ」の言葉」。(もう絶版らしいのが残念)。

この本によれば、脚に症状が出るのは、ある方向に前進するのが怖かったり、前に進む気になれない証拠らしい。そして、上脚の障害は「幼年期の精神的外傷を持ち続ける」ことを表すという。

そこを読んで、笑ってしまった。昨日のわたしが考えていたのは、まさに「幼年期の精神的外傷」のことだったから。 精神的外傷に触れ過ぎずカウンセリングをするには、どうすればいいか、と考え込んでいた。

そうか。もう、あの幼かった頃におきた出来事にこだわるのはやめよう。
あのことのおかげで、今のしあわせがある。その事実に目を向けよう。

そして、皮膚は個性を意味するとのこと。
皮膚に問題を生じるのは、自分の個性が脅かされているように感じているから。
じんましんは「小さく隠された恐れ。些細なことを大袈裟に考える」から、起きているという。

脚に支障があるときのことも、書いてあった。おそらく、支障というのはケガのことだとは思うけれど。じんましんも支障にいれて考えてみる。

じんましんのときには、新しい思考パターン(アファメーション)として「私は人生のすべてのターニングポイントを無事に乗り越える」というものが適切らしい。

あら? これらの内容、どこかで見た気がするな。
と、思い出して鳥肌が立つ。お弟子講座のとき、弟子仲間に1枚ひかせてもらったカードにあった言葉と、どこか重なった。

ひきあてたのは、自由はわたしの聖なる権利と書かれたカード。そこに書かれてあった「肯定的な宣言文(アファメーション)」の言葉はこれだ。

わたしは自由に
すばらしい考えを
もつことができる。
わたしは過去の呪縛から
解放され自由になる。
今度こそ わたしは
本当の自分になる。

桐山慶子カウンセラーが持ってきていたアファメーションカード、この作者はルイーズ・ヘイさん。ぐるっと、思い出したことがつながったような気がした。

偶然だけれど、おもしろい。
偶然だけれど、きっと意味がある。

だって、昨日はfacebookに自分でこんな投稿したばかり。今朝、じんましんが起きるなんて知らなかった。

偶然も必然。

ぱたぱたぱたりと。
タイミングがあって積みあがっている感覚。
どっかに行っていたパズルピースが
戻ってきたりみつかったりで。
穴や欠けが、ほどよく組みあがっている感じ。

タイミングよく、たたみかけるように
人の言葉がリレーされてきて。
やっと、
心の感覚に、身体がゆっくり追いついた。
ありがとう。

そうだ、全部が必然で。起きてあたりまえのことだと思ってみよう。

もしも。今、目の前で起きていることが
わたしに
何かのメッセージを伝えよう、とするものであれば。

何を教えてくれようとしているんだろう。
わたしは、その出来事を、どう読み解くだろう。どう受け取るだろう。

わたしの心に気づいてほしくて、身体の症状があらわれて、まわりの人との会話もあったと思って見よう。

そうすれば、ぼんやり形になってなかったものが見えてくる(かもしれない)。とりあえず、今回のわたしはじんましんから、見たものがある。教わったものがある。そう感じている。

わたしは過去の呪縛から解放され自由になる。
今度こそ わたしは本当の自分になる。

偶然だけれど、偶然ではない。
きっかけにして、自分の心が見えてくる。

そう思って見るのも、おもしろい。

本当の自分のまま、開く。

そのカードを引くのは、偶然なのだけれど。
不思議と、似たカードが集まってくる気がする。

>>カードで遊びながら価値観を知るワークショップ。2/28金曜開催です。

残り1席◆お申し込みはこちらから
https://tamurayoko.jp/wskouza

2+
タイトルとURLをコピーしました