弱さを楽しみ「自由」を生きる。

友人から届いたメッセージをひらいたら、くるくると波線がひかれたページが目に飛び込んだ。

強さではなく弱さを楽しむのが女の喜び

「ココ・シャネルという生き方」著.山口路子より

これは、ココ・シャネルの言葉だという。あのファッションのブランド「シャネル」を立ち上げた人。
女性がより自由に過ごせるようにと、腰をきゅっと絞ったコルセットを使わないファッションを提案し、女性の社会進出をファッション面でもサポートしてくれた人。

女としての自由を追い求めるために、強くなければならない。
そんな思い込みがずっと、わたしの中にはある。だいぶ、その思い込みは薄れてきたけれど、それでも、何かのたびについ、男性と競争したくなる。戦おうとしてしまう。
つい「弱さ」をどこかに忘れそうになる。

でも
「弱さ」を楽しむ、のか。

シャネルが生きた時代は、女性の社会進出が始まったばかりの頃。
それまで抑圧されてきた女性が、自由を求めて立ち上がったばかりの頃。

はじまりの頃だから、男性や男性的な社会と戦うことも多かったかもしれない。これまで押し込められてきた何かから、解放されようと強い力が必要となり、戦いのエネルギーを使ったのかもしれない。

でも
女性である自分が「弱い」と知り、男性との戦いにのらない。

わたしがわたしであるために「弱さ」を楽しむ。

そもそも、女性であるとか、男性であるとか、区別なく。生物学的な肉体の違いがあるだけ。
やり方の違いがあるだけで、これからそれぞれが自分のやり方を選んでいけば、自然に。それぞれの心地の良い場に落ち着いていく。

戦わず、競わず。
あなたはあなたでいいし、わたしもわたしでいい。

あなたは、あなたそのものの「自由」を過ごし、
わたしは、わたしそのものの「自由」を過ごす。

それぞれの、存在が。そのままに、自由であること!

「弱さ」と「自由」とを両立させて、しなやかなヒトで過ごす。
それが
「強さではなく弱さを楽しむ」生き方なのではないか、と思うのでした。


***
ニュースレターをお送りしています(メールアドレスをご登録下さい)
◆ニュースレターでは、もう少しマニアックにのびのび、発信中!
個人セッションの先行案内や長期プログラムのお知らせもレターから。

◆公式LINEでは、時節のメッセージや先行案内配信中!
気が向いた時、個別に返信届くことも?! お気軽に登録くださいね
友だち追加 または。ID @901ssmzdで検索。



タイトルとURLをコピーしました