秋がかなり近くまで

ぐったりとうだるほどの暑さが続いていたいちにちも、今は。過ごしやすい風が、朝とゆうべに部屋の中へと入ってくる。

夏休みが終わったようで、近くの小学校に子どもたちが戻ってきた。にぎやかでざわついた気配が小学校にはある。

それといれかわるように、セミの声が減った。
あれほど、たくさんいたセミたち、どこへいったのだろう。

そろそろ天に召されたか?

先日の演奏会で詩の朗読を聞いて、ずいぶん久しぶりに「セミの詩」を思い出した。夏休みの宿題の副読本でみかけた室生犀星の詩。中学生以来の再会で、なつかしい人にあったような気分になった。

「しいい」とセミが鳴く、その鳴き声が面白いからと覚えた詩。夏休みが終わってしまうさびしさを、中学生にはわからない大人のことばでかいてあるように思えて、かっこいいなと思っていた。

セミの詩は「蝉頃」という題名だった。

いづことしなく
しいいとせみの啼きけり
はや蝉頃となりしか
せみの子をとらへむとして
熱き夏の砂地をふみし子は
けふ いづこにありや
なつのあはれに
いのちみじかく
みやこの街の遠くより
空と屋根とのあなたより
しいいとせみのなきけり

蝉頃.室生犀星

今年も、ちゃあんと夏が来て。少しずつ秋が来ている。

この夏、何をやれたかな。何ができたかな。

会いたかった人たちに会いに行けた。やっぱり楽しかった。
相手さまよりセミナー講師として声をかけてもらえた。少し迷ったけれど、うれしかった
七夕まつりをして、長女の乱をお盆に起こして……思い出したら、おかしくなった。
夏の食べもの。スイカ、モモ、ハモ。今年もおいしく食べた。ごちそうさま。

これが、ことしの夏。わたしのトピックス。いつもの夏を過ごしながらも、今年ならではの夏も過ごしていた。
毎年おなじようで、どこか少しずつ違っている夏。

夏の季節に、ありがとう。
夏が終わるさびしさを残したまま、秋が増えていく。少しずつ秋の虫の声が増えてきている。

秋がかなり近くまで来ている。

夏が終わるので蝉もウィンドウショッピング?
0
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました