体調は天候に左右されるか?

今日は、空が青く。雲がぽこぽことながれて。
実に気持ちの良い天気であった。

雲と青い空もいいバランス

……それなのに、今日の体調はよろしくなかった。

体はいつもより重く感じられ、頭のなかにはウレタンが詰まっているみたい。
そして、また。
ガラスびんのなかに入れられた時のように、まわりの世界が少し遠く感じる。

もう、うつ病は卒業できたはず。 2年ほど前に、緩解(かんかい)したと主治医から伝えてもらった。緩解したということは「うつ病のひどい症状はおさまったから、それなりに日常の暮らしができる」ということ。

うつ病での具合わるさ最大値だったときに比べると、今日かんじている具合の悪さは10分の一より小さい。だから、以前とは比べようもないほどに体も「ふつう」になってきている。

それでも、ガラスびんの中にいるような、うつ病の真っただ中にいた時の感覚がやってくると、少しへこむ。

体調のゆらぎは、気温や外の明るさに関係する。と思い込んでいたけれど、わたしの場合はそうでもなかった。 日常で、体調や気分と天候を記録してきたから知っている。
気温や天候よりも、曜日や通勤時の混雑具合、同僚との関係が影響しやすかった。

それでも、気圧の変化は苦手だ。
気圧の変化で、気分とは関係なく、体に直接の変化がやってくる。

雨が降る。台風が来る。気温が急激に下がる。
そのようなときは、耳のうしろがぎゅっとこわばり、頭痛が少しずつひどくなる。
頭痛がひどくなっていくから、気分がへこんでくる。

そんなときは、てるてるぼうすをつるして、具合悪さがおさまるのをまつ。
気分を変えるために、クマザサ茶やハーブティを入れて。薄暗くした部屋の中でぼんやりとすごす。

今日は晴れたのに具合がよろしくない。
低気圧が近づいている風でもない。

もしかすると、少し睡眠が足りないかもしれない。ごはんの質を落としてしまっているかもしれない。
生活リズムを反省する。

もうすこし、今夜は早めに寝よう。
あしたから、しばらくはたんぱく質に気を配ろう。
 お酒やお茶(カフェイン)もしばらくはひかえるかな。

そして、具合の悪さがとおりすぎ。
具合が悪かったことなんて忘れてきて、何も気にしない暮らしを始める。

「体調は天候に左右されるか?」とたずねられれば、
天候に影響されることもあるし、そうでないこともある。

そんな、あいまいな答えにしかならない。

でも、じぶんの体が先に反応しているのか。
じぶんの気分が先に反応しているのか。
じぶんに起きていることをみつめていると、少しずつ、じぶんの体や心のうごきがみえてくる。

見えてくれば、しめたもの。
具合悪さが通り過ぎるのを待つ方法、気分良く過ごせる方法を、じぶんなりに試していける。

くりかえし、試して。
くりかえし、確認する。

そのうちに「そんな日もあるんだね」とときをやり過ごすすべが身に着く。

今日の具合の悪さも、まあ、しょうがない。
そんな日もあったのだろう。
はやめに灯りを消して、暗い部屋の中でじっとぼんやり。頭と目と。体を休める。

そうすれば、たぶん。あしたは、ちょっといい具合になる。

0
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました