音楽を聴いて泣いて。心のあわだちを落ち着かせた夜のこと。

夏の終わりがやってきたので演奏会に行ってきた。
毎年おなじみとなったアンサンブルグループCLASPさんの定期演奏会。

今年は、オペラ蝶々夫人のダイジェスト。詩と音楽のメドレー(朗読劇?)も、かなり楽しみに行ってきた。

で、泣きました。

演奏会の始まりは、詩と音楽のメドレー。

「夏は来ぬ」「たなばたさま」「宵待草」「初恋」「浜辺の歌」、 夏をテーマにした作品をあつめていた。
夏が始まり夏が終わるまでをあらわしたような構成。

なかでも「浜辺の歌」はわたしが一番すきな歌。

「浜辺の歌は輪廻転生のうた」と解説者さんが紹介していたのがとても印象的だった。

昔の人を月の色や星の陰におもいだす、浜辺の歌。
ずっと、ずっと昔から、記憶や思いをつないできて今がある。うねるようなピアノの音。

この歌を聴いていると、もうそこに秋がいると実感できる。もの悲しいような夏の終わりを感じる。

一年後、わたしは何をしてるかな。
そんなことを思いながら、聞いていたのでした。

「マダム・バタフライ回想録」は、 プッチーニ作曲の悲恋なオペラ、蝶々夫人のダイジェスト版。

オペラ蝶々夫人(ざくっとしたあらすじ):アメリカからきた軍人さんが、日本の少女・蝶々さんと恋をして子どもを授かる。軍人さんにとっては現地妻、日本にいる間だけの関係のつもりだったから、本国へ帰ってしまって別の人と結婚。
数年たって、日本にのこしていた蝶々さんを軍人さんは奥さんもつれてたずね、子どもを渡してほしいと頼む。そして……詳しく知りたい方はこちらのサイトさんからどうぞ。

オペラ蝶々夫人では「ある晴れた日に」という歌が有名で、今回の演奏会でも歌われた。

歌そのものは通常のようにイタリア語で歌われた。オペラ蝶々夫人を字幕付きで見たことはあったけれど、今回のような朗読劇の形ははじめて。ダイジェスト(?)とはいえ、ストーリーがわかったうえで歌を聞くことができる。

プッチーニ 《蝶々夫人》 「ある晴れた日に」 マリア・カラス(1)

ひたすらにピンカートンさんを愛し続ける蝶々さん。愛しながら、次に会わることを楽しみにしてる蝶々さん。
その一途な感じが、とってもかわいらしくて、切なくて。

物語が分かったうえで歌を聞くと、もうだめ。悲恋に終わると知っているだけに、あのかわいらしさに泣けてくる。 目がうるみっぱなしになってしまう。

恋人や夫に向ける愛。子どもに向ける愛。どちらも、とっても大きな愛。
そのために命を使う蝶々さんのかなしい強さを感じて、また泣いて。

そして、会場を後にしたのでした。

夏の終わりの演奏会あとに閉ざされたドア。

生な音につかっていられるのは、とても贅沢でここちよく。
音楽のなかに沈み込んでみることも、泣いてみることも。どちらも心のあわだちを落ち着かせる。
どこか瞑想にも似た感覚にある。

心のあわだちをおちつかせ、静まりつつあるなか。
もうすぐ、夏が終わる。

0
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました