立ち止まって見えたもの

昼過ぎに終わる予定でおでかけしたはずが、帰りが夕方になった。帰宅のラッシュが始まるまでに家に戻ろうと、少し足のうごきが早くなる。画像や動画、資料たちをお客さんに見てもらっていたタブレットは、もう虫の息。電池残量が20%を切った。かばんの中に入れてあった文庫本を手に取り、帰りの電車で読もうと思った。

帰りの電車は乗換駅まで1時間くらいだから、ちょうど文庫本を読み切れる……はずだったけれど、途中でメモをとりはじまったり考え湧いてきたりして読書は中断。気づいたら乗換駅についていて、びっくりして電車を降りた。

今日の晩ごはんはどうしようか。そういえば昼ごはんを食べ損ねたな。午前中のお話もまとめたほうがいいだろうし。いつ、どれをやってみようか。頭の中で順番つけたり、他の何かに変わっていったり。頭蓋骨の中でぐるんぐるんと思考がまわる。

スーパーマーケットに立ち寄って帰宅しようと駅を出た目の前で、青だった信号が点滅し、赤になった。赤になったことに気をとられて、頭の中がぽこんと空っぽになった。

立ち止まって目線を下げたら、足元に秋があった。ぽつんと、ひとつ。羽のように。

信号が青のままだったら気づけなかった、このグラデーションな葉っぱ。
考えのなかに埋まりこんだままだったら、見えなかった。

立ち止まって。足元を見たから、秋をみつけた。

ぐるぐるとした悩みも、心ぐるしい気持ちも。
とりあえず立ち止まって。自分の近くにあるものを見たら、何かをみつけられるかもしれない。

立ち止まるから、見える「何か」がある。
視点が変わる、次に目を上げた時にみえる景色が変わってくる。

赤だった信号が青になった。ススメ進め。歩き出した。

田村 洋子

お告げ師でカウンセラー。活動地は東京、大阪、時々福岡。
心理学講師、セラピストのトレーナー。
*自分の形を自分で知り、自信を持って「じぶんを生きる」ための、心と身体感覚をつなぐ個人セッション*潜在意識を見える形にするカードつかい*食養生・動的瞑想をとおして身体から心に届けるケアを
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
・カウンセラー根本裕幸氏に師事。たむよう。

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました