自分ができることをする。それで、とりあえずなんとかなる

雨がしょぼしょぼ降るときは、周りからの音が少しまるくなる。
そのうちに、まるくなった音のすき間から、ぽたん、ぽたんと雨だれの音。

ぽたん、ぽたん。

音を聞いていると、少しずつねむたくなってくる。古い日本家屋の縁側か、おこもり部屋の窓辺に座っているような。安心できる、おだやかなときを思い出す。

寝ようか、どうしようか。
迷う時間をもてる、このゆったりとした時が好き。

そして、この時を好き、といえるようになったじぶんも少し好き。

雨が降ってくる前は、あたまが痛くなったり身体がおもくなったりすることも多い。特に、天候が激しく変わるときには、身体が天候にひっぱられるように重くなる。

いつになったら、身体の重さがぬけるのかな。
ひとりでイライラすることもあった。今も、たまにイラッとくることがある。

でも、天候はじぶんでどうすることもできない。

どうすることもできない。と諦めたら、身体が重いなりにどうしようか。と考えるようになった。

身体が重いなら、重いと感じる今はしかたがない。体が重いなら、どうすごそうか?

身体が重いから、肌ざわりの良い服を着て、べらりとベッドの上にのびておこう。
気が向いたら、いい香りのするお茶を入れてみよう。
窓を少し開けて、雨のぽたぽた、落ちる音を聞いてみよう。
そうして、少しずつねむたくなってきている。 ←今、ここ

今日、いちにちを必要以上に、ゆっくりと動く。
そして、そんな風にゆっくりと動いている自分をじぶんでながめて「ナマケモノの映像みたいでおもしろいな」と少しわらう。

自分ができることをする。
 じぶんでどうしようもないことは一度わすれる。
いま、自分はどうするとここちよくいられるかな。その工夫をひねり出す。

はじめは「ひねり出した」感がつよく、なじまないこともあるけれど。
それでも、そのうち。ほんものの「ここちよさ」になっていく。

田村 洋子

お告げ師でカウンセラー。活動地は東京、大阪、時々福岡。
心理学講師、セラピストのトレーナー。
*自分の形を自分で知り、自信を持って「じぶんを生きる」ための、心と身体感覚をつなぐ個人セッション*潜在意識を見える形にするカードつかい*食養生・動的瞑想をとおして身体から心に届けるケアを
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
・カウンセラー根本裕幸氏に師事。たむよう。

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました