まだ食べてないと? ふくや・明太キッシュは福岡空港限定販売

福岡空港国内線ターミナルの2階でみつけたのは、空港限定販売明太キッシュ
出発保安検査場(北)から出発保安検査場(南)にむかう途中、その右側。明太子の「ふくや」さんで販売されている。

福岡空港国内線ターミナル2階、検査場に入る前に購入

福岡空港に到着し、いつものように出発保安検査場(北)へ向かうと、今回の乗り場は出発保安検査場(南)と案内が出ていた。出発検査場は北からでも南からでも。どちらから検査場をとおっても中でつながっている。国内線のどの搭乗口にも続いている。

出発までに少し時間があったから、外から出発保安検査場(南)にむかった。

出発保安検査場(北) から出発保安検査場(南)までの通路は、左側にフードコート( the foodtimes )、右側にみやげものやさんがならぶ。みやげもの屋さん店先で「まだ食べてないと?」の文字が目に留まる。そして「福岡空港限定」の文字も!!

まんまと、お店にすいこまれるわたし。

「まだ食べてないと?」 -by 明太キッシュ

ふくや福岡空港店

入ったお店は、ふくや福岡空港店
ふくやさんといえば、おいしい明太子のお店。博多で明太子をつくって売り出したはじまりのお店。

ふくや福岡空港店。左手のガラスブースの中で明太キッシュが焼かれている

ここの明太子は、当然、おいしい。けれど、洋風な明太子もいろいろ出してきている。
チューブ入りの明太バターもおいしかったな。びん詰めされた洋風な味わいの明太子も、パンやパスタにあわせて白ごはんにのせて、おいしかったな。

焼き立ての明太キッシュをひとつ買う

ふと香る乳製品が焼けたにおいにつられて、明太キッシュをのぞきに入った。

レジ横に積まれていたのは、箱に入った明太キッシュ。5個入り1500円。
当日中にお召し上がりください」という消費期限の短さ。持ち帰るときのレア度は高い。
自宅用に2個、おみやげに購入した。

でも、焼き立てを今。食べたいのです。
お店の方に伝えると、焼き立てを紙袋に入れて渡してくれた。明太キッシュは1個300円。

機内で食べた

機内でテーブルを倒したその上にひろげた明太キッシュ。
下の生地がばらばらするかな、と思い、購入した時に入れてもらった紙袋の上にキッシュを乗せる。

明太キッシュというだけあって、表面のつぶつぶは明太子。 その下はやわらかめのチーズ風味生地。その中心に明太子がはいってる。全体にしっかりとした味。 思っていたほど、バラバラとこぼれることもなく、食べ終える。

赤い文字で「明太キッシュ」と書いてあるのが、入れてもらった紙袋。右上にちょこっと、機内でもらったコーヒーのカップが移りこんでいる。

家で、温めて食べた

自宅用のおみやげにしていた紙袋を開けると「福岡発!明太キッシュ」の案内が入っていた。

温めて食べると、よりおいしい

温め方(1個)
電子レンジでトロっと ラップをかけず700wで20秒
オーブントースターでサクっと 1200wで2分

オーブントースターで1個焼いて温めた。

温める前には、上に刺さっている赤い飾り(ロゴとMENTAI QUICHEと文字)をキッシュから外す。
キッシュをのせてある白いつつみ(下の写真、皿の奥に見えている)も外して、オーブントースターに入れる。

明太キッシュの中。表面とろっと。
あたためると表面のチーズはトロっとし、周りの生地はさっくりと。

表面のチーズ部分はトロっとクリーム感がつよくなり、中にある明太子味がやわらかくなる。そして、キッシュのまわりにある生地はさっくり。
焼き立て、すぐを食べるとこんな感じなのね!

ワインやビールが合いそう。お酒のおつまみにいいな。
塩味が思っているよりつよそうだから、おかずにするならサラダを添えるといいあんばいになりそう。

明太キッシュは焼き立てがおいしい

チーズのとろりとした感じが明太子あじにあわさって、さくっとした生地ごと食べる。
焼き立ての明太キッシュ。これは、とってもおいしかった。
個人的には、ビールかワインと一緒に。ちびりちびりと食べてみたい。

福岡空港で焼き立てを買って、すぐ食べるのがおすすめ。
持ち帰ったときは、温めて食べるのがおすすめです。
オーブントースターで温めるときには、刺してある飾りと白い包みを外すことをお忘れなく!

  • 買ったもの:明太キッシュ
    1個300円、5個入り箱1500円。(2019年5月現在)
  • 買ったお店:ふくや福岡空港店
  • 福岡空港 国内線旅客ターミナルビル2階 出発保安検査場(北)のちかく

0
タイトルとURLをコピーしました