月にまもられるよなここち

月がとってもまるいから。とっても明るいから。

わおーん! と遠吠えが聞こえそうな気がします。

今日は満月。

秋が来ると月をみたくなる

秋の気配が強くなってくると、空が少しずつ透明になってくような、冷たくなりつつある空気で星のひかりもするどさをましてくるような。そんなここち。

満月の夜は、あかりが強くて天体観測にはむいてないけれど。月を見たり星を見たりするのは楽しい。

月あかりがあるおかげで、夜のおもてを眺める時間が長きなる。

夜が真っ暗すぎると、帰り道のことやら、暗がりに潜む気配やらが気になって。少しわたしの落ち着きが減るのです。

月のひかりある安心感。

月に守られるように。月と話をするように夜を過ごします。

流れ星が見えないかな。人工衛星がとおるかな。

星をすかせるように雲が薄く出ているな。

そんなこと思いながら夜空を眺めたのでした。

田村 洋子

もっと自然体で、もっと自由に!たましいからの自分を発揮して生きるコーチング*じぶん研究家、お告げをしないお告げ師/マヤ暦「宇宙のリズム」講師/周波数調律家、呼吸と瞑想法
●見えないものを見える形に ◆笑顔ではなうた、おいしいごはん #じぶんを生きる 自然に生きる
・カウンセラー根本裕幸氏お弟子さん制度卒
・活動地は東京、時々大阪、時々山の中

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました