ニュートラルは意図して保つ

歯医者へ行った。
上の歯と下の歯が重なり合って閉じるよう、噛み合わせの調整。

一番奥にある歯はインプラント(人工歯)。歯のねっこの部分はボルトでできており、その上にセラミックでできた白い歯のかぶせものがついている。
初めに入っていた歯は、少し高さが低かったようだ。しっかりとものをかみづらくなっていた。

口を閉じたとき、ならんだ奥歯がほどよい高さで並ぶよう、まわりの歯と同じ高さにあわせる。
ものさしのようなパーツを奥歯のボルトに差し込み、適切な歯の高さをはかる。

奥歯の高さをはかりおえるまでのあいだ、 人工歯 が入っていた部分にものさしがさしこまれ、じつに間抜けな歯ができあがる。

食べ物をかみあわせる面より高く、金属でできたものさしがにょっきり。
うっかり口を閉じると、ものさし部分の金属で上の歯が欠けてしまう。用心して、口を開けたままにしておかねばならない。

油断すると、口はじわっと閉じてくる。
歯医者さんの診療台にのってる緊張もあり、うっかり眠気もやってくる。

ツバメの子どもが、ぴーちく親を待っているときのように。ぱこっと大きく口を開けて。
歯の高さをはかり終えるのを待つ。

ものさしが、歯の上面からはみだしているのは、ほんの数ミリ。
その数ミリのでっぱりをかまなければいい。
口を最低限開けておけば間に合うのなら、ぴーちくツバメのように全開にしておく必要はない。

けれど、最低限の高さで口を開けつづけることは、難しい。

鏡をつかって口の開いている大きさを確認しているわけではない。
ただ、口を開けている感覚だけで、じぶんの口の開き方を感じている。

疲れてくれば、同じように口を開けているつもりでも、少しずつ口は閉じてくる。
金属の先端をうっかり噛んでしまいそうになり、びっくりして口を開けなおす。

ふいにやってくる、金属の感触におびえるよりは
がばっと口を開ける。その形を保つほうが時間をすごしやすい。

中途半端な形。
それが、ほどよく疲れない形であったとしても、形を保つことは難しい。

形を保つなら、はじめない形か全開の形か。両極の形をこころがけることのほうが、より、やりやすい。

中途半端、ほどよく、中庸な。ニュートラルな形。
ほんとは、そこが一番。本人が疲れずしっくりとくる様子である。
けれど、なかなかニュートラルなじぶんを続けられないと感じている。

それは、全開で動くか。はじめないか。その両極のほうが、こころが落ち着いてしまうからかもしれない。苦しい感覚があったとしても、確実に、その位置を保つことができるから。

……そんなことを考えていた歯医者での時間。

でも、外から見たら、ばこっと口を開けたまぬけな姿。
考えていたことと、外から見えるじぶんの姿のギャップに、ちょっともだえた午後。

0
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました