暑いときにできること(体の手当と夏の食べもの)

暑い。だるい。重苦しい。

街の中で暮らすからには、エアコンなどで整えられた状態がないと過ごしづらいとは知っている。 エアコンが街暮らしのここちよさを支えてくれるとは知っている。
けれど、外の空気と整えられた空気の差が、身体を重くする。

夏の身体が重く感じられるとき。からだに水が溜まっていることが多い。ちゃぽちゃぽ、たぷたぷする。そして、足首がひたりと冷たく、むくんでくる。

ちゃぽちゃぽ。水がたまるのを避けるために水を飲む量を控えると、熱中症が近づいてくる。
室温の水やあったかいお湯を、ちびりちびりと飲む。体の中に水分は入れる。

足首、手首は冷えないように、薄いシルクの筒をはめておく。
風呂上がりに、ドライヤーでへそのまわりをあたためるのも、気もちがいい。おなかが、ぐるんと動き始まる。

たぷたぷする重い身体は、そうしておくといくらか、ましに動いてくれる。

夏だから、暑いからといって、冷やし過ぎない。

せっかく、暑いから。夏の野菜をおいしく食べる。
きゅうり、トマト、ピーマン、とうもろこし。すいか、桃、まくわうり。

暑いときには、暑い時期に取れる野菜を食べると体が夏仕様に変わってくる。

身体がその季節にあうように動いていると、じぶんの感覚全てが「日常」を保ちやすくなる。こころの動きを身体感覚から読み解きやすくなる。

暑い!と思うときは、海辺にいると思って落ち着いてみる
こんな風景なら、暑くても頑張れる気がする

田村 洋子

お告げ師でカウンセラー。活動地は東京、大阪、時々福岡。
心理学講師、セラピストのトレーナー。
*自分の形を自分で知り、自信を持って「じぶんを生きる」ための、心と身体感覚をつなぐ個人セッション*潜在意識を見える形にするカードつかい*食養生・動的瞑想をとおして身体から心に届けるケアを
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
・カウンセラー根本裕幸氏に師事。たむよう。

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました