たくさんの「ありがとう」を重ねたら、なんだか自分がごきげん。

お腹がすいた。目覚めて、一番にそう思った。とても健やかな目覚めだった。

あまりにも唐突で、思わず含み笑いしながらわたしが起きる。そして、お腹も起きる。

あまりにも健やかに目覚めたので、その前日の「不健康」度合いを感じて、思った。

今朝は、その前日までの朝と、何が違っているんだろうか。

モノコトは、面白くて。
一方から、もう一方に動いた時に初めて、一方の重みを感じ取れる。
何もない状態では、一方を感じ取れない。

今回の「健やか」な感覚も、そう。
前日までだって、特に「不健康」というわけでもなく。ごくごく、当たり前のようにして、目覚めていた。気持ちのいい朝だ、と思ってもいた。

けれど、その前日までのようすより、明らかに今朝の方が「健やか」に感じられた。今朝を「健やか」だとするなら、その前日までは今朝より「健やか」ではなかったということ。

もしかすると、ごくわずかな違いかもしれないのだけれど、それでも。前日までより、今日の方が。うんと、自分自身の調子が良い感覚(今回だと「健やか」な感じ)に近づいている。

こうして、日常の中。毎日、こうだああだと、感じ方の違いを味わいながら、じぶんを生きている。
毎日、チューニングしているみたい。

さて。そして。
今日、迎えた朝は、前日までの朝と何が違っていたか。

それは、
眠りにつく前のじぶんが持っていた感情の種類と、「ありがとう」の質と量。
(だと思う)
昨夜は、いつも以上に「たのしく」て、多くのものに「ありがとう」を感じながら眠りについた。

眠りにつく前のじぶんを、半日分ほど振り返ってみた。

昨夜は、友人のお祝いを仲間たちとした日。
美味しいものを食べに行く日として約束していた日だったけれど、その日にあわせるみたいに友人の祝い事報告があり、お祝いのための時間のようだった。

皆が集まる日にあわせるように祝い事を決めて来た、友人のタイミングのよさというか、『転んでもただでは起きぬ』的なカウンセラー魂を見て、たのしくて。

友人の口からこぼれてる言葉が表してくれるもの以上に、たましいとその器の肉体が、きらきらと軽く震えるように喜んでいるカタチがとにかく美しくて。うっとりとなって。

美味しいごはん達を食べることと、祝いごととを喜んでいる周りの友人たちがふわふわと軽やかで。その場が「たのしさ」でぷるぷるしてたのをみて、嬉しくて。

自分自身も、なにかを口に入れては、うっとり。
中に入っているものは、知っているし覚えのあるものなのに、予想のつかない美味しさになって襲ってくる、嬉しいごはん(とお酒たち)が美味しくて。

ほんとうに、たくさんたくさんの「たのしさ」「美しさへの感動」「軽やかな気配の浮力」「美味しい」「喜び」に満たされて。

ありがとう。たのしかった。
ありがとう。とってもきれい。
ありがとう。おめでとう。
ありがとう。うれしいな。
ありがとう。またね。
ありがとう。しあわせだな。
ありがとう。おしあわせに。
ありがとう。おいしかった。

そんな気分で、ふわあと大満足。

大満足のまま、家に戻って。うろうろ、ぱたり。すうっと吸いこまれるように、眠って。そして、今朝、目覚めた。

あれほど、たくさんのものに「ありがとう」の思いを向けて、「ありがとう」の羽根ぶとんにくるまれるみたいにして、眠りについたのはなかなか、これまでにはなかったかもしれない。

たくさんの「ありがとう」を重ねて、
自分以外の誰かのことを喜んで、
その喜びで自分も嬉しくなって。

気分がホカホカした時の眠りは、こんなにも気持ちいいのか。

しっかり、身体の感覚で覚えた気がする。

だから。また今日からも
たのしく「ありがとう」をみつめていける。誰かのことをたくさん喜んで、自分も嬉しくなっていこう。

自分がたのしくて、多くのものに「ありがとう」を感じ続けていると、身体軽くすっきりした感覚で過ごせる。
自分のごきげんも、ふわふわと続けやすいのね。
……ということ、思ったのでした。

それでは、またね。
カウンセラーでお告げ師 田村洋子でした。

外が気持ちの良い季節となりました


***
ニュースレターをお送りしています(メールアドレスをご登録下さい)
◆ニュースレターでは、もう少しマニアックにのびのび、発信中!
個人セッションの先行案内や長期プログラムのお知らせもレターから。

◆公式LINEでは、時節のメッセージや先行案内配信中!
気が向いた時、個別に返信届くことも?! お気軽に登録くださいね
友だち追加 または。ID @901ssmzdで検索。



タイトルとURLをコピーしました