身軽になってその先を見つめる4月。ついたち、はじまる。

年度のはじまり、四月一日に。いつものようにお礼参り。外からの言葉を通して、自分を眺めようかとおみくじも、ひとつ。手元に残して、今日を始める。

身軽になってその先をみつめる4月

四月一日は、衣、あらたまるとき。冬の衣から綿を抜いて、身軽に始まる日。だから「四月一日」とかいて「わたぬき」とよませることもある。

綿は意外と重さがある。その綿を抜いた衣に着替えたときは、どれほど身体が軽くなったと感じたことだろう。

身体が軽くなると、心も浮き立つ。いつもは足元しっかりと「今」の自分を眺めるけれど……身軽になったと浮き立つ心のままに、いつもよりごきげんな様子の中で、自分のその先をながめてみよう。

年度のはじまり、春のはじまり。身軽に過ごす今日は、少し先を見ておきたい。

1年後の春を迎えたその時に。
わたしは、どんな風に笑っているだろう?

何を見て喜んでいて、誰と一緒にそこにいる?

「そこ」はどんな場所だろう。

景色を頭の中に思い浮かべて、来年の「わたし」の笑顔をながめる。3年後の「わたし」の笑顔を眺める。

思い浮かべた、来年の、3年後の「わたし」。
どれくらい、はっきりとした像で、あなたの頭の中で笑っている?

来年や3年後の「わたし」とハグができるほどに、くっきり、しっかり、思い浮かべて。
これからの「わたし」は、その「わたし」へ向けて、会いに行く。

今月は、どんな設定で過ごしましょう??
なにをしてみましょう、どのように過ごしましょう?
次のついたちまでに、どんな結果を得ると決めますか??

自分の「好き」と「嫌い」を抱きしめて

先月は「わるい、いやだ。いまいち」に踏みこむまいと過ごしてみた月。
自分が何を嫌だと思っていて、そのことをやめてゆけば、自分の「好き」がより浮かび上がる。
わたしは、これだと進んで行ける。

お陰で、自分の「好き」を実感しました。やりたいこと、届けたいものもみえる。目がついていた場所がくるんと、また動き始めたみたい。
心が揺れている時につい、やってしまう行動も改めて自覚した。だから、次は早めに。心が揺れる一歩も二歩も手前で、平らな自分へ戻って行けそう。

冬もたくさん、ありがとうございました。まだ、新しい「自分」に戸惑って、うまく動けないこともある。それでも、そんな自分がたのしくて、おもしろい。

身体が慣れなくて、ぎしぎし、身体がきしんだり、頭が重くなったりすることもあるけれど。新しいことへの不安で、自分をぎゅっと押し込むこともあるけれど。
それでも、自分が「嫌ってきたわたし」も、ここにいていいよと抱きしめながら。

会いに来てくれた人たち、一緒に過ごしてくれる人達や、
会いたい人たち、一緒に過ごしたい人達と。
ごきげんに、笑顔ではなうた。やっていきます。

身軽になったこの春に思い浮かべることは、今よりも軽く過ごしている「わたし」の姿。

来年や3年後の先にいる「わたし」は、きっと笑ってる。
より過ごしやすい景色の中で、笑ってる。

この先に居る「笑っているわたし」と。自分の近くに居てくれる誰かの顔と。
それらを思い出せたなら、最高。

お告げ師 田村洋子でした。

これからの「わたし」に会いに行く個人セッション(2021年4月の個人セッション日程とご予約


***
ニュースレターをお送りしています(メールアドレスをご登録下さい)
◆ニュースレターでは、もう少しマニアックにのびのび、発信中!
個人セッションの先行案内や長期プログラムのお知らせもレターから。

◆公式LINEでは、時節のメッセージや先行案内配信中!
気が向いた時、個別に返信届くことも?! お気軽に登録くださいね
友だち追加 または。ID @901ssmzdで検索。



田村 洋子

お告げ師でカウンセラー。活動地は東京、鎌倉、京都、時々大阪。
心理学講師。エネルギーワーカー。
*より自然に「じぶんを生きる」ために、心と身体の【感じる】センサーをつなぐ個人セッション*暦や食や花で今のエネルギーを感じ、感じる身体をとおし魂を震わせて生きる*潜在意識を見える形にするカードつかい
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
・カウンセラー根本裕幸氏に師事

follow Me
お告げ師の落書き暦ごと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました