節分。その由来と感じたいもののこと

1月も後半になると、スーパーマーケットでは、豆まき用の大豆が置かれはじまる。お魚売り場だけでなく、野菜のところにも炒り大豆が置いてあった。

華やかに赤やピンクのかわいらしげなバレンタイン用のチョコレートに交じり、鬼のイラスト書かれた地味な炒り大豆たち。その近くには、柿ピーの袋。なぜだろう。柿ピーも豆まきに使うのだろうか。

節分のいわれ

さて、今日は節分。あしたが立春になります。

むかしは、春を1年のはじまりとしていました。だから、立春は春を迎える日であると同時に、新年のはじまりの日でもあった。12月31日の大晦日(おおみそか)には、旧年のけがれを祓って、新年を迎えます。それと同じ考え方をするならば、 節分(立春の前日)も。冬までのけがれをはらいって、新しい年、春を迎える日。

節分の風習

「鬼は外、福は内」の掛け声と豆まきで、けがれをはらう。

鬼は、けがれの象徴。見るからに恐ろし気なあの鬼は、鬼門とよばれる艮(うしとら)(=北東) 方角から街にやってくると信じられていた。 艮(うしとら) は、丑寅。だから、鬼は牛のような角をつけて、虎もようのパンツをはいている。

豆は「魔物(マ)を滅(メ)する」という意味が込められています。豆を炒って、芽が出ないようにしたうえで豆まきをする。豆をまいたあとには、その豆を人が食べてしまうことで「鬼退治ができた(けがれをはらえた)」。食べてしまえば、もう大丈夫ということのよう。

節分には、他にもいろいろな風習がある。

イワシの頭をヒイラギと一緒にあわせて玄関先にさして、魔よけにする。ヒイラギのとげとげと、イワシの生臭いにおいは、鬼が嫌がるらしい。

わたしの実家のあった地域では、節分の夜に、炒り豆を紙で包んで家の近くの三つ角に置いていた。鬼が人の住む集落に迷い込まないようにという、おまじない。

どちらも、鬼を遠ざけて、新しく来る季節の健康や安全を願ってのこと。

自分の身体と心を見直すタイミング

上手くできているなと思うのは、この季節の行事たち。

気候や気温の変化によって、身体のようすが変化する時期に合わせて季節の行事がある。季節の行事を節目にして、体調管理をしてみよう、自分の心を見つめてみよう。しきりなおしのために、季節の行事があったように感じる。

節分のころ、感じたいもの

たしかに、最近。身体がそわそわする。年度末を迎えつつあるからか、どことなく落ち着きがない。1日のうち、気温の変化がありすぎて、身体が季節にふりまわされそうな気配もある。春に向かって、少しずつ身体は夏仕様に変わろうとし始めている。

心と身体はつながっている。心にも身体のそわそわがうつりやすくもなる。

だから、ちょっと落ち着こう。

歩いている、そのときの自分のリズムを感じてみる。
呼吸する、そのときの心臓の動き、肺の動き、感じてみる。

そして、これから。自分が何をしたいか、何をしようか。どんな気分で過ごしていこうか。思いめぐらす。

節分が終わったら、あすは立春。春が来る。

▽1年前。節分のおまつりを見に、吉田神社へいった

3+
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
暦ごと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました