他の誰かを思い出せると、ちょっとあたたかな気分

遠出して、今。親せき宅で、ひとり留守番中。ごはんの買い出しをしていたら人恋しくなり、ちょっとだけ遠回りをした。くるっと、2区画分多めに回ると小学校の前。下校時刻にあたっており、門が半分開いた校門からぞろぞろと、大きめの小学生さんたちが出てきていた。

門を出てすぐあとは、まとまって進んでいるようにみえた子どもたちも、はらりはらりとほどけていく。これから、家に帰る子どもあり。公園で遊んでから帰る子どもあり。
門を出て、大通りを進んで、横断歩道を渡って。道を進んでいくごと、行く先はばらばらになる。それぞれ、目的地に向かって動いていく。

わたしの戻る道と同じ方向へ向かうのは、公園に向かっている子供たち。追い抜いたり追い越されたりしながら、一緒に帰っているように進んでいく。

「あ!」
ひとり、立ち止まり空を見あげる子ども。
それにつられて、空を見た。

一面、波が走ったような雲の跡。

ゆっくりゆっくり、波打っているように。形はゆれて動いている。それなのに、雲の筋はしっかりと、空を離れる気配は見えない。

ぼやんと、空を見あげていたら、夏の日に潮干狩りで水の中をのぞいた時のことを思い出した。

波の模様が、もんもん。ついた砂の下で、こっそり、貝たちが過ごしている。
その痕跡を探して、掘り出し貝を採った。

波はもんもんと、同じように続いて見えるけど、いきものの痕跡は小さくぽつぽつ見えている。ひとつ、痕跡があるとわかれば、すっと痕跡が波模様の中に浮かぶようにして見えてくる。

あの、雲の模様の向こうにも。波のもんもん、のぞいた時みたいに、何かの痕跡見えるかな。

首が痛くなるくらい、空を見あげて。ずずーっと伸び上がって、雲の模様の向こうをみていたら、ぶるりと身震い。冷たい風が吹いた。

右手に下げていた買い物袋の重さを思い出した。耳に音が戻ってきた。公園で遊ぶ子どもたちの笑い声が聞こえた。

留守番を任された部屋に向かって、ゆっくり、戻った。
ドアを開けたら、真っ暗な廊下。

電気をつけながら「ただいま」と声を出した。

おかえりなさい。

公園で遊んでいた子どもたちの声を思い出した。
今ここにいるのはわたしひとりなのだけれど、ひとりではない感覚を思い出せて、ふと笑った。

★受付中!
11月15日開催の「目標立てるのが苦手でもできる、夢の描き方」ワークショップ。

11月の予約受付中!!

0
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました