しばられた「目線」をほどいて、じぶんを始める

自分ひとりで考えている時。
どうしても視点がかたまりがちになる。
そこから、視点を外してもいいよ。他のものもみていいよ。

自分以外のほかの誰かと一緒に、少し離れたとこから見つめてみようよ。

自分を変えたい。変わりたい。

前のめりになってるときは、自分の目線でかっちりとしばられてることも多い。そして、目線がしばられていたと自分で気づいたとたん、ゆるゆると現実のモノコトが動き始まる。

家族や友人にはなせるならば、それでもいい。カウンセラーの利用もありだと思う。
ひとりでやりたいときはノートに書き出すのもおすすめだけれど、できれば、他の誰かとはなすとより深く理解しやすくなっていく。動きも早いよ。

お話し終えて駅に戻るとき、一緒にみたアジサイ。そろそろ季節も終わる。

「かわりたい。新しく仕切り直す気持ちで始めたい。でも、そのことを言葉にできない。もやもやしてる」といって、自分とつながる60分をうけると決めて来てくれたリピーターさんは、かなりのがんばりやさん。自分がノートに書き出して、もやもやをなんとか言葉にしようと頑張ってた。

かわりたい気持ちについて、ノートに自問自答していたものもみせてくれた。もう、びっちりと。ノートが、すごかった。

それくらい、ひとりで頑張ってきてたんだ。
今は、ひとりで頑張らなくていいよ。一緒にみていこう、形にしてみよう。

そしてはじまった60分は、まずあいさつから。

リピーターさん、おひさしぶりです。
最近どうでしたか? いかがおすごしでしたか?

今、どうして「かわりたい」と思い始まったのか。「もやもや」を気にし始めたのか。その理由や、最近の様子をおしえてもらった。

そして、どうして予約を入れたくなったか。
どんな思いが生まれて、予約をしたか。
それも教えてもらった。

きっと、理由がないと予約なんてしないと思う。

予約を入れたその前に、気にかかる何かがあって。気にかかってる思いがあふれて、予約してくれたはずなので。じっくりと、質問をさしはさみながら教えてもらう。

ひとしきり聞いた後は、コーチング用のカードの出番。

カードに書かれた単語を切り口にして、何を思っているかをじぶんでみつけてもらう。そこを「言葉」に置き換える部分は、わたしもお手伝い。

そして「もやもや」していた部分を、目の前に並べだして、自分自身でことばを探ってもらう。

自分で言葉にできると、自信がつく。
次に他の「もやもや」が来ても、さばく練習ができる。
今、自分自身がどこまでわかっていて、どこからがまだ不確定なのか(不確定にしておきたいのか)をみつめることができる。

一緒にみつめていってわかった「もやもや」の中身をフィードバックして、それに関連する書き出しや工作を宿題にして。2か月後にまたあいましょうと約束して、60分を終えたのでした。

もやもやとした悩みが在ったり、いっしょに手前から進みたい方向を探ってみる時間が、カウンセラーやコーチなどと一緒におはなししている時間(カウンセリング、コーチングなど)だ。

他人のことは、第三者目線からみつめやすいのだけれど、自分のことを見るのは難しい。

わたしも、自分のことは視点が知らないうちにかたまるし、かたまっている自分に気づけない時もある。周りのひとは、かたまってる私に気づいて「かたまってるよ」と教えてくれる。だから、月に1度は他の方からカウンセリングやコーチングを受けて、いまの自分の様子を確認する時間を持っている。

変わりたい気持ちが大きくなりすぎると、狭い出口に無理やり頭を突っ込んだようになる。そこしか出口がないように思えてくる。
けれど、狭い出口から頭をはずして壁を見たら、となりに大きく破れ目があり、そこから出られるかもしれない。

だから。
もやもやを言葉に置き換えたい時は会いに来てくださいね。
もやもやが「悩み」に育ってしまうより前にはなせば、ゆるっとほどけやすくなる。

しばられてる(かもしれない)目線をほどいて、じぶんを始める。

そんなとき、わたしを思い出してもらえたら嬉しいな。待ってます。

★対面は都内でのみ実施


★カウンセリング

セッションを予約する

-----

ご感想や励ましのメッセージをいただけると喜びます!

◆公式LINEで、先行案内やお得情報配信中!
お気軽に登録くださいね

ID @901ssmzdを検索していただくか、
友だち追加で!

1+
タイトルとURLをコピーしました