こっちも意識して。と身体がサインを出している

身体がだるくて、重い。

雨が降り続いていて外へ出る機会が減ったからか。
機嫌よろしく本をがっつり読み過ぎて頭ばかり使っていたからか。

身体を動かすことに意識が向いていなかったみたいで、ぼわんと身体の感覚が遠くなっている。だるい。

身体がだるいから、お湯をためた風呂に浸かってみようか。
あしたは、多めに歩いてみようか。
瞑想やストレッチをするときに、身体の感覚をもっと意識してなぞってみようか。
ミントやかんきつ類のアロマのかおりをかいでみようか。

動き足りない時。
頭がみちみちと思考で張りつめている時。
頭ばかりががんばりすぎてる。

だから、身体が「こっちをむいて」と重さやだるさをつくりだしてくる。
意識を、頭から身体へとむけて、全体としてのバランスをとる。

そうすれば、だるさも重さも。じんわりと動き始まる、ぬけはじまる。

ゆっくりとした気持ちを作って、身体も整えていく。

田村 洋子

五感覚醒コーチ。まるごとのじぶんを自然体に生きるためのパーソナルコーチ*旧暦とマヤ暦、食や花で今を感じる話し手*心理学講師*周波数調整するエネルギーワーカー 、呼吸と瞑想法
●見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
・カウンセラー根本裕幸氏お弟子さん制度卒
・活動地は東京、時々大阪、時々山の中

follow Me
心のモノコト
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました