ヒトとしての愛と動物的な感覚と。(好きと愛のはなし)

たったひとりの女でさえ、注釈なしには愛せなかった。

原文も言葉このままだったのか、何で読んだのかも覚えていないのに、ずっと、この言葉が目の奥にぼんやりと残っている。そして「パートナー」について考えるたびに、ふと、目の前に思い出される。

そして、わたしは考える。

人は、注釈なしに愛することができるのだろうか。
同じ人に対して愛を選択しつづけるなら、注釈は増え続けるのではないだろうか。

好き。

それは、ただ「好き」で、理由なんてない。動物的に理解される感覚。身体の奥にふわりと現れる温度だったり、いつの間にか出てきた存在感だったりする。

けれど、好きの理由を伝えたくて、言葉にしようと考える。「好き」を説明するために、言葉をあとからひねり出す。

そうなると、元あった「好き」には、たくさんの説明がつくようになる。でも、元あったはずの動物的な温度や感覚は薄れる。

愛する。

それは、全ての底で薄く広がって在る感覚。あまりにも、普遍的に存在しすぎていて、意識を向けることがない、根本なもの。

だから、いつも意識をして「愛する」と選択していかないと、愛は続かない。そんな気がする。

好きの種類も、愛の種類も。色合いを変えてたくさん存在している。だから、油断するとたくさんの好きと愛が同時進行する。

人間関係を平和に保つ工夫として、男女の愛は1対1に決められた。だから、1対1を守ることを望まれる。

でも、動物的で原始的な愛の感覚は、1対1におさまらない。

例えば、鳥の世界でいうならオシドリ。仲の良い夫婦の例えにつかわれるけれど、オシドリは決まった相手と、ずっと夫婦を続けるわけではない。繁殖の季節を終えると、いったん夫婦を解消する。そして、また次の繁殖の季節にあらためて夫婦になる。その相手は、前の季節の相手と違うことも多いという。

そういえば、鳥の繁殖調査をしていたころ。繁殖シーズンにペア(鳥の夫婦)をみつけたら、羽の形や色の具合を前年に撮った写真で見比べて、前年と同じペアになっているかしつこく確認をとっていた。それくらい、毎年同じペアであることは難しい。

それなのに、ヒトは。結婚という契約があるからか、同じペア(夫婦)で添い遂げようと頑張る。

注釈をつけて、それでも愛せるのであれば。
「注釈なしには愛せなかった」と言った人物は、誠実な人だとわたしは感じる。

自分のペアを愛するために、あれこれと理由を探している、わたしは誠実でいられるのだろうか。動物的な感覚を脇において、ヒトであろうと頑張っている感じがしてならない。

文章を書いたり調べものをしている仕事の合間に、「パートナー」や「結婚」、「愛」のことを考えていた、今日。

外は、ずっと雨が降っていた。


★10月予約のご案内

◆対面東京:10/17土14時~

セッションを予約する

-----

ご感想や励ましのメッセージをいただけると喜びます!

◆公式LINEで、先行案内やお得情報配信中!
お気軽に登録くださいね

ID @901ssmzdを検索していただくか、
友だち追加で!

★パートナーとは? 夫婦とは?
あなたの思う形をお互いにおはなししませんか?

2+
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました