いいご縁の日に、めでたいづくし

今日は、いいご縁の日だそうな。11月5日のごろあわせで、いい(11)ご(5)えん。

空すっきりと青く、山は錦に色づき始めて。元気よく外でお昼ごはん。

夜、宿にておやつを食べながら友人と今日を振りかえる。

食べるおやつはマロングラッセ。友人がデパ地下で買ってきたもの。ひとつぶ、おすそわけ頂く。別名、餌付け。おいしいものを食べ、明日も元気に楽しくゆけますように。

今日は一粒万倍日とのこと。ひとつぶの種子が、万倍にたくさんのものに増えていく。とてもめでたく縁起のよい日。

そう思って今日を振り返ると「めでたい」づくしだ。

朝日という名の黒糖焼酎でつくられたマロングラッセ。その包み紙にあった「朝日」もめでたい。

はじまりのまっさらな、おひさま。今日のはじまりな力を分けてくれる、あたたかさと力強さを思い出させるから、めでたい!

お昼に参拝してきた石鎚神社の成就社は、その名のとおり。ものごとが成就したことを祝う名前。そこに行ったからきっと、なにごとも成就する。だから、めでたい!

山は錦のようで、きらびやかな色をまとう。めでたい色を目にうつす。

そして、季節はずれな桜のはなが、ぽつりと枝についていた。奇跡のような自然の姿は、めでたい!

めでたいことだらけに会えたご縁を感謝する。そうして、自分で今日をめでたい日にしてしまう。そんな今日は「いいご縁の日」だ。

おめでたくも、楽しい思い込み。思い込みで心をたのしくあったかくする。あらかじめ、これからやってくるご縁に感謝して、楽しむ、喜ぶ。

めでたいづくしな今日。おかげさまで、たくさんのありがとうが、そばにいる。

田村 洋子

お告げ師でカウンセラー。活動地は東京、大阪、時々福岡。
心理学講師、セラピストのトレーナー。
*自分の形を自分で知り、自信を持って「じぶんを生きる」ための、心と身体感覚をつなぐ個人セッション*潜在意識を見える形にするカードつかい*食養生・動的瞑想をとおして身体から心に届けるケアを
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
・カウンセラー根本裕幸氏に師事。たむよう。

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました