久しぶりに書いた、感謝の手紙

4月のはじめの日。ついたち。エイプリールフール。

エイプリールフールが広まったのは、大正時代だという。「四月馬鹿」と翻訳されたそうで……おそらく、この四文字熟語みて戸惑った人は多かったに違いない。

四月馬鹿が日本に押し寄せてくる前、江戸時代には「不義理の日」とされていたそう。日ごろ、不義理をしている方にお手紙を書いたとか。
不義理とは、借金をしていたり、嘘をついていたりのこと。だから、4月1日にお詫び状を書いていたということみたい。

お詫び状と聞いて、ふと思い出したのは数人の友人たち。お互いに学生だった頃から、手紙やはがきを、ぽつんぽつんと送りあってきた。

最近、ハガキも手紙も書いていなかったな。
そういえば、9月にハガキを送ったのが最後のような気がする。

レターセットやハガキを出してきて、数人の友人にあてたハガキをせっせと書く。

ひさしぶりのハガキは、思ったよりも小さくて。文字があふれる。気持ちもあふれる。文末に「続きはメールで」と書いた。

受け取って、きっと、あのくしゃっとした顔をして笑うだろう。息の詰まったカエルみたいな、大きな声出して吹き出すかもしれない。

目の前で、友人が受け取った時のようす、見ることができず残念。

ハガキを書いていたら、お礼を伝えたかった人のことも思い出した。

メールアドレスしか知らない、みなさま。おひとりずつにあてて、メールを書く。
夜になって、ようやく、すべてのメールを書き終えた。

思っていたより、たくさんの「ありがとう」を自分の内にためていて。その全てをメールの中に書けたとは思えない。書ききれないもの、出せないメールはすべて、ノートに書き出した。

胸に詰まっていたことばを、ノートやメールに書き出した。
届けられることばは、メールで相手に届けた。

そのお陰か、
わたしの気持ち、すっきり。軽くなる。

そういえば、4月1日は冬の衣服をしまう日だ(着物にしこんであった綿を抜いて、春の衣に変える日)。それにちなんで「四月一日」とかいて「わたぬき」さんと読ませる名字があるというくらい。

綿を抜いた着物を着ると、さぞかし身体は軽くなっただろう。

4月1日は、心も体も軽くなる日なのかもしれない。

だから、きっと。
明日は、いい日。

今日より よいあしたになりますように
あなたにとっての しあわせあふれる日でありますように

熊野であったスミレとサクラ

▼ 4月のカウンセリングについて

▼ 感謝のハガキを書き続けていた日のこと

1+
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
暦ごと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました