考えがちになるときこそ「身体」を意識する。その方法

外出自粛が始まり、自宅でもできる「何か」を。ということで、みなさま、あれこれとご自分の知恵を出して技術を提供してくれている。

週に一度、瞑想を仲間内で30分しているのだけれど、身体を動かすのは、瞑想に参加するのとは違った感覚がしておもしろい。

自宅でもできることをみつける

昨日は、太極拳系の室内運動をZOOMで90分くらい。
今日は、ヨガをZOOMで30分だけ参加。

身体メンテナンス系の方も、いろいろ動画でできるのか。
こころのメンテナンスするカウンセラーも、何かできるかな、何ができるかな。

……とおもったら、あった!
「恋愛と夫婦のお悩み」について、事前に受け付けた質問に答えていくカウンセリングLive!!

4月3日金曜の20時からあるって。視るだけ参加もできるみたい(相談あれば、事前に質問送る形式らしい)。

さておき。身体メンテナンスのお話にもどる。

身体のメンテナンスを受けて考えた

昨日、今日と動画で自宅運動して。少しは身体ほぐれたよと、じぶんに言い訳しながら。今日は、いわゆるカイロプラクティックに行ってきた

カイロプラクティックは整体みたいなもの。身体や筋肉のゆがみを整えてくれる施術で、およそ1か月に1度のペースで通っている。

今回は、前回から少し間が空いて40日くらい経っていた。しかも、身体がゆがんでいる実感がある。これは、たぶん「筋肉が足りてないですね。姿勢を覚えて帰りましょう」と院長さんに言われるだろうな。行く前から、言われることがわかる切なさ。

この1か月ほど。

  • 外出量が減って運動の量も減っている。
  • デスクワークの時間も増えた。

そうなると、身体ほぐれるタイミングを逃して、こわばりがちになる。

案の定。内臓は冷たくこわばり、首と肩はぎゅうぎゅうに詰まっていた。まっすぐに立とうとしても、身体が弓なりに反ってしまって腰に負担がかかってしまう。

それでも、内臓整体でゆるめてもらい、首の位置をととのえ、脚の筋膜リリースの施術を受けて、あらかた元の形に戻った。呼吸が楽になる、脚も軽くなった。

半月以内に、また錦糸町までカイロプラクティックを受けに行き、腰と脚をもう一度、整えてもらおう。

不安や焦りも、身体に出てくる

この半月ほど、

  • 「やらねば」に支配されて、じぶんが感情をねじ伏せてた実感もある。
  • 世間的に不安が広がってきていることも感じる。

すると、自然に、身体の内側がきゅっと。力んでくる。その力みは、静かな瞑想だけではほぐしきれない。

今、この頃合い。つい、あれこれと考えてしまう時間が増えているのではないだろうか。

考える時間が増えると、人の身体が止まる時間も増える。
不安や焦りは、身体に力みを生む。身体が止まると、力みが身体にとどまる時間も長くなる。

考えすぎていると、身体にエネルギーが回らないから

考えている時は、頭の中がぱたぱたと、多くのものことを処理している。エネルギーのほとんどが、頭にあつまってしまう。本来は、身体と頭とで分け合ってるはずのエネルギーだから、身体のエネルギーはすかすかになってしまう。

人の身体は面白いもので、エネルギーが通っていないと、新鮮さを保てなくなる。

身体の新鮮さを保つために、
身体にエネルギーを通すこと。

これを意識する。

身体を「意識」してエネルギーを通すには

身体が、ここにあることを自覚すると、エネルギーが通ってくる。

身体を意識してエネルギーを染みこませるイメージワーク

いま、自分の足が指先まで意識できているかというと、なかなか意識できていないのではないか。

脚の指、1本1本がそこにあることを意識する。
1本1本、手で触れて。これがわたしの左足の親指、左足の人差し指……のように。そこに指先があって、自分の身体がそこに有ると意識すること。

そして、脚も。地面に触れている側から、ずっと、脚の付け根まで。わたしの足がここにある、と手で触れていく。

同じように、手も。手の指先から、腕の付け根まで。ここにあると確認する。

そして、胴体。腰からずっと、首に向かっていく。手のひらで、やさしくなでるように確認する。

最後は、頭。
背骨の上に、ちょんとのったまんまるな脳みそ。そこに「考えすぎ」のエネルギーが集まってたなと実感してみる。

そして、頭に集まっていたエネルギーが、全身に向かってじんわりと染み出していくことを意識する。手の指先まで足の指先まで、エネルギーが柔らかく染み出していく。

そうすれば、自分の内にあるエネルギーが、体にもまんべんなく通りやすくなっていく。

手のひらで触れて、自分の身体がここにあると意識しながら、エネルギーが染み出す様子をイメージするとわかりやすい。

ちなみに、この方法。「ストレス緩和のためのタッピング」手法をもとに、自律神経訓練法のワークなど取り入れて、イメージワークに変形させたもの。

太極拳の準備運動の前にも、脚指先から触っていくストレッチ(?)をしていたので、身体をほぐす効果もあると思われる。

お散歩しながら感じ取るワーク

エネルギーを染みこませるのは、なんだか、うさんくさいな。と感じるなら、お散歩だっていい。

じぶんが「気持ちいい」と感じる道をゆっくりと、同じリズムをとってぽこぽこ歩く。

呼吸の早さやリズムに、歩く速さをあわせる。

歩きながら、身体が呼吸していることを感じる。
足裏が地面につく様子を意識する。
空気が鼻や口から出ていくことを意識する。

それを5分間くらいするだけで、身体に意識とエネルギーが戻ってくる。

駅に向かう道でもいい、歩き方を工夫するだけで身体に「意識」が向く。

心と身体はつながっているから

身体に意識が向いている間、思考はお休みできる。頭に溜まっていたぐるぐるが、少しずつ薄れてきて、頭にすき間ができる。あたまも深呼吸できる。

深呼吸できれば、また。あたまもいい考え浮かぶだろう。
心もゆとり、とりもどせる。

身体に「意識」をむける。
身体に触れて、身体がそこにあると実感する。
呼吸にあわせて身体を動かし、身体を感じ取る。

そうすれば、きっと。心やわらかに、動き始まる。

空にむけて、すっと立つ

カウンセラー洋子は、今。
ZOOMでのカウンセリングのご予約をお勧めしています。

簡単にできるストレッチや呼吸法、お悩みにあわせてお伝えします。
人とおはなしすると気がかるくなるから……ぜひ、どうぞ。

2+
タイトルとURLをコピーしました