記事の文字数を、読む速さと目的で考えてみた

「読む人が思いついたとき、負担なくぱっと読める文字数は、800文字程度らしい」と聞いた。でも、800文字が感覚としてどれくらいの量か、ぴんとこない。

そこで。記事を読む速さと目的を、文字数から考えた。オタクな計算の過程におつきあいいただける方は、どうぞ。

「負担なく、ぱっと読める」とは

さて読むぞ。気合を入れて読むこともたのしい。けれど、長すぎたら「読む」こと自体が負担で、思いつきづらい。

読むことを思いつきやすいのは、予定と予定の間にできる細切れ時間(すきま時間)だ。自分をふりかえってみても、移動中の電車の中や、昼休み残り20分みたいなときに、スマホを使ってあれこれと読むことは多い。

電車で一駅の間に読むことのできる短いおはなしを、募集した投稿コンテストがあった。その投稿規定では、文字数のめやすを1,000文字程度としてあった。

1分20秒くらいで読める、3分弱で話せる分量が800文字

平均的に日本人は「1分間に600文字を読む」とされるため、800文字だと1分20秒で読み終える計算になる。

短い時間の代表と思われるのは、カップラーメンができるまでの時間だ。3分間に読める、およその文字数は1,800文字。これを超えると読むことが「負担」になるのかもしれない。

そして、もしも。3分間、話をするときの文字数を調べた。アナウンサーの標準的な話し方で1,100文字くらい。仕事でお客さまに説明をするときで、900文字くらいのになるという。だとしたら、800文字は3分弱で話し終える分量の文字数となる。

わたしのページを調べてみた

文字数を考えた

それらから考えると、わたしの記事での文字数は多い。

通常記事は、1,500から2,000文字くらいある。もともと、このブログの主な目的は「わたし自身が感情を知り、物語を書くトレーニングをすること」だった。記録が主な目的(ついでに誰かに役立つといいな、とは思ってたけど)。だから、文字数は2,000文字くらい(1,800~2,300文字)を意識して書いてきた。

短めの記事で1,000文字くらいだ。この文字数は、ぱっと読むのに肩がこらない文字数およそ800文字を意識したもの。わたしが好んで読んでいるエッセイのひとつ「今日のダーリン(ほぼ日の糸井重里さんが毎日書いているエッセイ)」が、およそ800文字だから。けど、わたしは増えがち。

そして、カウンセラーなわたしとしての発信も、読むのに肩のこらない文字数(800文字)を目指した。けれど、書ききれなくて。減らしたつもりで、1,200文字くらい(1,000~1,500文字)に増えてしまう。

ご相談への回答は、師匠の相談回答文字数が3,000文字あたりだったから、それくらい(多くても5,000文字)を目指している。

これだと、カップラーメンがふやけてしまう文字数(1,800文字以上)だ 。

およそ3分くらいで1記事が読めている

わたしの記事ページを読みに来てくれている方々が、ひとつのページにいてくれる時間はおよそ3分(平均が2分50秒。最も多いのは2分30秒程度)。

これを文字数になおすと、1,800文字になる([平均的に日本人が読める文字数600文字]×[3分]=1,800文字)。同じように2分30秒で計算すると1,500文字だ。

だったら、2,000文字目指して書いてある記事たちでも、3分あれば最後まで読んでもらえているかもという気がしてきた。

読める文字数によって負担に感じる度合いが違う

文字数と読むのにかかる時間の計算は、あくまで「平均的な日本人の読む速度が1分間に600文字」という情報に基づいたもの。それより、読むのが早かったら……読むことが、負担になりづらい。

自分が負担なく読めると感じる文字数が多いほど、自分の書く記事の文字数も増えやすいのではないか。

そう思って、自分の読む速さを調べてみた。

読むはやさを調べてみた

自分が読む速さを、調べることができるサイトをみつけた。日本速脳速読協会さんのページ「読書速度ハカルくん」から、ネットを読んでいるブラウザをつかって、無料で測ることができる。

結果を測ったその下に、グラフで年齢別に平均的な読む速さが書かれてあった。それによると、社会人の平均的な読む速さは、1分間に600~1,200文字だという。わたしは、その5倍くらいの速さで読んでるらしい。

もし、読む速さと書く文字数に関係があるなら、うっかり文字数が増えてしまうのも仕方ない(ことにしよう)。

もう、考えるのは、あきらめた……

そして結論。文字数は記事の目的次第。じぶん次第

ひとつの記事に必要な文字数について、あれこれ考えてみたけれど。結局は、その記事をなんのために書くか。その目的次第で必要な文字数は変わる。

【文字数についてわたしの結論】←これ2020年1月時点

  • ちょこっとした空き時間に、負担なく読んでもらいたい記事なら800文字くらい。2分もあれば読める(これは、3分間で話せる量)。
  • 簡単に説明をいれる記事なら、1,500文字くらい。3分あれば読み切れる。
  • ある程度、じっくり読んでもらうなら、3,000~5,000文字くらい。

文字数のこと、これまで深くは考えなかったけれど。この記事を書く中で、自分なりの考えを持っていたわたしに驚いた。

苦手だけど、書きたいときは

もっと、手軽に読んでもらいたいならTwitterはどうだろう。Twitterの投稿ひとつ分であるツイートは、最大140文字。スレッド(ツイートとツイートをつないだもの)でも、280文字。どちらも30秒あれば読める計算になる。

(余談)文字数を気にしない

見てくれている人に、何を届けたいか。自分が何を表現したいか。それにあわせて、書く文字数も書き方も選べばいい。

ブログのほかにも、twitterやfacebook、インスタグラムなど、表現法はあれこれとある。そう思うと文字数のこと、気にしなくていい

結論!
自分の思うままに。伝えたいことを書く。だから、文字数は気にしないことに決めた

※ちなみに、ここまでで2,500文字くらいです。お疲れさまでした。

書き手がなにを目的に書くか。それ次第で必要な文字数は変わる

▼ 記事の文字数が気になったきっかけは、営業力講座でした

ネタまみれの人生から学んだ自分らしい自由な生き方から、あなたの「幸せ物語」を描く直感的カウンセラー

4+
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました