たまには違うことをやってみると日常が違って見える

「スマホでなんでもできる時代になった。ブログもスマホで書いている」と友人から聞いたので、真似してみようかとスマホからブログを書こうとした。けれど、どうにも言葉が出てこない。

あきらめて、いつもどおりパソコンを開けよう。でも、せめて。いつもではない場所で書いてみよう。

パソコンを持ち出し、公園のベンチにすわって書く用意。

いつもの机の前でなく、公園のベンチでながめるパソコンのモニター越しに、広く平らな地面が見える。芝生が所々に生えていて、ちびっこがベビーカーから身を乗り出している。少し離れて、数人の子どもが遊んでいる。

見えてる景色が違うと、なんだかたのしくなる。スマホで書くことはできなかったけれど、なんとなくにんまりしながらパソコンを開いている。

パソコン作業を続けていると、離れたところにいたはずの子どもたちが近くに寄ってきて、ちらりちらりとこちらをのぞき込む。

外から見たら、にやにやしながらパソコンを開いてものを書く姿。異様に見えるだろうな。大丈夫かな。

いくらか書き続けてはみたものの、目の前にみえる子どもたちのお母さんたちの姿が気になる。よその人に子どもが近づくと気になるだろうな。

我に返ったついでに、自分の姿勢も気になる。べろんといつの間にか前のめりになっている。

そういえば、身体のメンテナンスをしてくれてる方に、腰の骨を立てて座るよう指導を受けたのだった。思い出したように座り方を改める。すると、次は腕がキーボードに届かない。姿勢がさらに崩れたことが気にかかる。

そして、ようやく外のベンチで、膝の上にパソコン広げて書いてみるのはあきらめた。パソコンを閉じ、カバンにしまう。近づいていた子どもたちも、元の場所へと戻っていく。

ぼんやりと、子どもたちが走っているのを眺める。公園で書くのはいいアイデアかと思ったけれど、私にとって集中できる感じではないみたい。はじめは楽しかったのに、落ち着かなくなる。

気分を変えるために、いくつか、自分の行く先を用意しておこう。 wifiの環境が整ってきたから、重い資料をもって歩く必要がほとんどなくなった。パソコンとタブレットがあれば、たいていのことができる。

いつも同じ。それもいいけれど、たまには違うものをはさみこむ。 違った場所で、いつものことをやってみると思いがけないことが起こる。

違いは、刺激になる。違いと見比べることで、いつものものが際立って見える。 違うものが見えてくる。

おばけの顔つきクッキーが現れる季節になっていた
0
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました