友人が夢に近づいた姿を見て。しんみりしたり、あったかくなったり

友人が短編小説の連作集を書いた。まだ外には出ていないけれど、仲間内で読ませてもらう機会をもらった。そのおはなしのなかにある景色がやわらかくて。友人から見た世界はこんな風に見えるのか、と心つかまれる。文体がかちかちとブロックのようにはまり、でも表されるものがやわらかく、つるんとした印象になる。こういう表現も好きだな、おもしろいな。

「書く事へコミットメントする」と仲間の前で宣言し、お馬さんの前で誓った友人は、ちょうど1年後、仲間うちに短編小説完成させてみせてくれた。仲間の前で誓っていた友人の1年前の姿を思い出して、心がギュっとなった。あったかい気持ちとしんみりとした感覚が同時に押し寄せた。

友人たちの夢や誓いを聞いて、ちょうど1年ぐるりと1週。

しんみりとした感覚は、わたしのもっている「仲間」という感覚につながる。わたしはまだ「仲間」という感覚そのものを腑に落とせてないみたい。

仲間うちに公表して作品を見せたあの友人と、作品をつくっても仲間うちに公表できない自分。この違いは、仲間を信頼できるかどうかによる気がする。人を信じられて「仲間」を思うことのできる友人をうらやましく思った。

自分の書いた作品(おはなし)を読まれたくない。でも、読んで欲しい。

家族や仲間うちほど、読んでもらうのが怖い。何か伝えられることを恐れている。もし、読んで書くことが怖くなったらどうしよう。書けなくなるかもしれない。書くことを責められたら、うそつきだといわれたら?

そのくせ、読んでもらいたいとも思っている。読んで感じたこと、思ったことを伝えてもらいたい。わたしの見た景色を一緒に見てもらいたい。

この相反する感覚は、人に対するわたしの距離感と似ている。怖がっているくせに、一緒に居て欲しい。

相手から近寄られると怖いから、自分から近寄る。そして、怖くなったらすぐ隠れる、とじこもる。元気をとりもどしたら、また近づいてみる。でも一緒に居続けるのは怖い。身近な人や身近になりたいと思う人に対するほど、怖さが大きくなる。

人をとても好きだと思っているけど、一緒にいるのは怖い。近づくのは怖い。

これを乗り越えたら「わたしのおはなしも読んで」と仲間うちに公表できるのか。
「わたしのおはなしも読んで」と公表すれば、これを乗り越えられるのか。

順序があるのか、どちらが先だか。それはわからないけれど、「わたしのも読んで」と公表できる時を楽しみにしつつ、しばらくは自分の心と向き合いながらカウンセラー修行をメインに続けてみようか。

夢を語ってみるけれど、その夢は自分に似合わないとどこかあきらめている。そのあきらめの気持ちが浮き彫りになった自分にしんみりとする。

それだけしんみりしたくせに、あったかい気持ちも同時に湧いている。

書くことにコミットする。と周りにも宣言し、それをせっせと自分なりに続けてきた友人。コミットするまでにもブログを書いて、自分の思いを表現して。表現しながら、自分の心を癒して、周りにも勇気や感情の揺れが届いてくる。

でも「書く」と友人自身で決めてから、少しずつ、書かれている景色が色を増やして。根っこが力強くなってきて。こうやって素敵になるんだなあ。だから、周りにも応援されながら書いていけるんだな。書いたものを中心に、人の輪がひろがる景色が底にひろがっていくように思えて、ほんわりした。

だから、おめでとう。はじめの一歩か二歩か。それはよくわからないけれど。自分自身で決めた形、宣言した形に近づいている、そのことに。たくさん、おめでとう。

自分自身も。も少し絞り込んで「これ」という夢の形を決められるかな、どうだろう。
でも、自分自身でこうすると決めて、そこに向かっていくならば、あの友人のように光あつめていけると知ったから。わたしも、光あつめて進んでみようか。走ってみようか。

夢を目指して、どかどかと駆け抜ける。
勇気をみせてくれたように感じたお馬さんたちの走り。

仲間とは、友人とは。その定義が、いつもびみょうな感じに私を惑わす

0
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました