令和もよきときでありますよう

新しき 年の始の 初春の 今日降る雪の いや重け吉事

詠み人は大伴家持, 万葉集 巻20.4516.

5月1日に新しくはじまった「令和」は、万葉集のことばからつけられた元号。
5月2日は八十八夜で、「八」は「や(いや)」。「ますます」という意味を持つ。
……と書いたところから連想したのが、冒頭の歌。万葉集の一番最後にのせられている、新しい年を祝う歌です。

5月だけれど、年号が変わり。街の中もどことなく新年の雰囲気を感じます。
ふつかめの今日。大粒の雨がばさっと短時間降り、もわんと白くけむった景色をみました。
それもあって、新年をうたった万葉集最後の歌「新しき~」を思い出したのです。

「新しき 年の始の 初春の 今日降る雪の いや重け吉事 」の意味

歌の詠み。(あらたしき としのはじめの はつはるの きょうふるゆきの いやしけよごと)

この歌は、お正月(当時は立春)を祝ったときにうたわれました。

「あらためて迎えた新しい 年のはじまりである 立春の日。今日、この日に降る雪のように 吉事がますます重なりますように(よきことがたくさんありますように)」くらいの意味合いです。

万葉集が作られてきた時代、言霊(ことだま)が信じられていました。言葉にしたものが現実をひきよせる。そして、言葉の力を強く引き出すのが歌であるとされた時代でした。

こうなりますように、と願うものを歌にしてよみあげることで、言霊が一層つよくなる。

「改めて迎えた、この新しい年も。よきことがたくさんありますように」と願いを込めたのが、この歌です。

初春の雪は実りの豊かさを表す

立春のころに雪が降ると、冬眠している虫たちは雪に埋もれ、稲が実る夏ころに活動する虫の数が減るという。そこから、初春の雪は豊年をしめすことばとなった。

雪は白く。白は、純粋で清浄なようすを意味する。

令和もよきときでありますよう

令和が始まった。新しいときのはじまりだ。時代の区切りの中で新年をむかえたといえるだろう。

新しき年も実り豊かに過ごせますように。

万葉集の歌の中に見た「初春の雪」を5月に見ることはできない。いまこの時期に雪が降ってこようとしても、雪は雨になる。雨が降った今日のこと。白い霧がまいた景色のこと。覚えておこうと思った。

「新しき 年の始の 初春の 今日降る雪の いや重け吉事 」

(改めて迎えた、この新しい年も。よきことがたくさんありますように)

0
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました