毎日、やっている何か。その行動をする理由が知りたい

短いお話を毎日かいている。短いままでは発表のあてもなく、メモ書きのような書付け。メモになったもの達がいくらか集まり、長めのお話に化けたり、別のおはなしや心を探るモノコトのネタになったりしていく。

そういえば、毎日、短編を書き続けた作家さんがいたことを思い出した。作家の眉村卓さんだ。
入院中の奥さんのために、毎日、読み聞かせるための短編を書いていたという。その数、1778話。およそ5年にもわたり、毎日、1200字以上のお話を書いていた。そのうち、19編が本になっている(「妻に捧げた1778話 」(新潮新書) 眉村 卓)。

毎日、書く。その原動力になったのは、奥さんに読み聞かせたいという思いだろう。その目標があるから、せっせと書く。おはなしを読んでくれる人がたのしめるように、いろいろなことを思って書く。

わたしが書いている毎日のメモはどうだろう。何を思って書いているかな。誰に向けて書いているかな。

今は、自分ごと、自分のために書いている。自分がたのしくなるように、自分が覚えておけるように。ただ、それだけのために書く。または、おはなしの中に閉じこめられているモノコト達が、言葉になって表にでてこれるようにと書く。

でも、これが自然と外側へ向くときが来るのかな。こういう人に読んでもらいたいといった相手を、具体的に思えるときが来るのかな。

思いのベクトルが外へと向かうには、まだまだ。私は自分の内側探ることに忙しそう。現実を暮らしている自分の内側とファンタジーな世界とを行ったり来たりしながら、心のありかを探っていく。

毎日、書く。それは、今のところできている。自分のなかにあったものが、形ある文字になって表に出てくる。

見えないものが、見える形になってあらわれたあと、たくさんの人に見てほしかったら、どうしよう。 書いたもの達が表に出るには、他の人の目にふれるブログ、SNSなどに書かないと。

そのとき、私の原動力になる思いは、何だろう? 自分で知っておくと続けられる。
誰に向けて書いているのだろう? 書くときに、だれを向いているかを意識できてるかな。

ふわっと、もやっとした感覚をそのままに書いているから「書きたいから書く」としか言えない。その理由を自分なりにみつけると、毎日の「書く」がするりと日常に存在できるかもしれない。

0
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました