10月1日。ついたち、はじまる。

旧暦9月もはじまっていて(旧暦9月3日)、カレンダーでは10月の始まりとなった今日。ついたちの誓いをした。 新年はじまりに、新しくむかえる年の抱負をもつように。 月のはじまりにも、その月の抱負をもつ。その抱負を誓う。

ついたちに、今月むかうものを確認する。誓う。

今月は、どんな設定で過ごしましょう??
なにをしてみましょう、どのように過ごしましょう?
次のついたちまでに、どんな結果を得ると決めますか??

月のはじまりに、改めて予定を作る(TO DOリストを確認する)人も多いという。 「今月をどうすごそうか」と考える機会が、全体的に増えてくるこのとき。全体意識は、大きなうねりとなる。そのうねりは、人々の願いや誓いを未来へと後押しする、見えない力になる。

10月は魂のすすむ向き、ライフワークを自覚するとき

気が早いけれど、今年があと3か月で終わる。季節ひとつ分を終えると、次の年がはじまる。

今年、叶えておきたいと願ったもの、やってみようと手をつけたこと。今、やり続けていること。その全てを、あらためて、確認するときが来た。

目標をもつことが得意であれば、未来への道を想像する

道をたどったり、さかのぼってみたりの考え方が得意ならば、 これから3年先、5年先のあなたの姿を想像する。その姿へと向かう道の上に、今年の願いや行動たちはのっているものであるか、確認する。のっていれば続ける、のっていなければ調整する。道の方向を調整してもいい、願いや行動を再設定してもいい。

今を感じることが得意であれば、愛を選択する

その時々の今を感じることが得意であれば、願いや行動の本質を改めて感じ直す。それは「愛」から起きている願いや行動であるのか、あなた自身に問いかけてみる。より、とぎすまされた「愛」であるよう選択をする。

「愛」を選ぶ感覚は、人それぞれ

「愛」の感じ方は人それぞれに違っているから、「愛」を選ぶ感覚もまた人それぞれ。

あなたの「愛」は、どのように感じ取れるものでしょう。どのようなときに、あなたの「愛」があるのでしょう。

私にとっての「愛」の選択は「わかった」となるか「心ほどける感覚」か。突き詰めているその先に「わかった」があるとき、私は愛をおもう。心や感覚がほどける感覚があり、やわらかな私でいられるとき。そこには愛がある。

そして、よもやま話

今月(10月)は、わたしにとって「再設定のはじまり」が多くちりばめられた月。

心のケア講座で講師をさせていただくこと。カウンセリングの勉強(根本師匠ちのお弟子さん)をはじめること。山の防災に関する仕事に提案をだすこと。サイトを作り直すこと。……今、思い出しただけで、これだけあった。

再設定のはじまりを行動していくなかで、たくさんの自分自身を確認することになる。

自分自身が、これから何をするのか。どうしたいのか。どのようにふるまうのか。
誰と過ごしていきたいと願うのか。どのような部屋に住むのか。どこにいるのか。
誰に会いたいと願うのか。

確認し、自分を選び、ニュートラルな自分の形をあらためて理解していく。より自分自身で過ごせるように、自分の行動を作り上げていく。

おもしろいような、足がすくむような。複雑な思いを持ちながらも、それをたのしんでいる。やればやるほど、自分自身を知ることができ、周りを知ることができる。知ることが増えれば、わかる度合いも進むだろう。そこに、わたしの愛がある。

愛を選び続ける、今月の過ごし方。こころして、ひと月を過ごす。

天にむかって魂の花ひらくとき
0
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
暦ごと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました