選ぶ。決める。 繰り返して自然にもどる

小さなことも、さくっと決める。小さなことから「決める」練習。

「決められない、迷う」
メニュー表ひらけてから、なかなか食べるものを決められなかったのがわたしでした。

—–

はじめは、頭まっしろで決められなかった。はじめから、決める気力を無くしていた。

「これがいい」と決めても、親や大人、まわりの人に子どもらしくないと言われたり、変わってると言われたり。結局、じぶんの決めたものは手に入らず、周りが望む何かがじぶんの手元にやってくる(と思い込んでいた)。

大人になっても、自分で決められないことは続いていた。まわりをぐるりと見渡して、その時、自分に求められているだろう様子を想像して先回りする。先回りしてみてきたたくさんの事柄の中から、自分の好みに近そうなものを選ぶ。betterな選択。自分の一番すきなものbestは手に入れようとしなかった。

betterを探すには、周りが何を望んでいそうかをシミュレーションして自分の答えを出す。周りの望みを考えることは、たくさんの条件がかちゃかちゃと頭の中で組み変わっていくから、とっても時間がかかる。そして出てきた何かしらの答えも、正解であるとは限らない。なにより、自分のこころにぴったりと沿うものでもない。

周りにとっては、とっぴょうしもない答えにたどり着いていることもある。そのときは、場所・時間・様子についての条件補正。それができて、ようやく。じぶんの好みに照らし合わせてbetterな選択を探す。

そんな面倒なやりとりを頭の中でがんばってみたのだけれど。それも疲れてしまって。
「もう、好きに決めて」となげやりになってた。決める気力がわいてこなくなった。

「クルミ入りのケーキが食べたかった」

「珍しい。もう、注文したいもの決められたの?」
15年ぶり!に会う友人とケーキを選びながら笑う。

前回、友人と会ったときには、まだ。じぶん自身の環境の変化を受け入れがたく、しんどかった時期
友人のところの小さな女の子を膝の上にのせて、いっしょにご飯を食べながらお話をしたっけな。あのとき、注文したい食べ物をを決められなくて、友人にかわりに頼んでもらったな。他のひとと会いたくなくて、レストランの個室にこもってお話続けたな。

それが、今はどうだろう。自分で決められなかったころは、だいぶんと遠いころのことになってきた。
メニュー表から選ぶことすら迷っていたのに。
何かを決めたとしても、周りに合わせた、その結果だったのに。

今、じぶんで自分の選びたいものを決められる。そして、決めたことをすんなりと、自然にうけいれられている。

あの頃(メニューを選べず迷ってた頃)のわたしはしんどかったんだな。 そのとき食べたいものを、自分の好みで選ぶ。 それくらいにささやかな「小さなことから決めていく」ことも、できなかった。

もう、今は。じぶんで決めることができる。

15年もあれば、人は変わることができている。
自分があまり変わっていないと思ったとしても、やっかいな癖だと思っていたとしても。
「変えたい」と願い、繰り返し変わることを選んでいけば、 変わることができるのだ。

少しずつ、自分の好みを考え、選ぶ練習するうちに決められるようになっていった。
食べることの好きなわたしは、食べものについては特に迷うことが減っていった。

「やっぱり。食べ物がからむと、強いね」そう気がついて、ふとおかしくなった。

食べ物以外のことも、そのうち、もっと。自分の軸により沿う形のものを選ぶようになるはずだ。そうすれば、より自然なじぶんのままに。世界と関われる、はず。

15年前よりは、だいぶん、自分らしく暮らしてるんだな。肩の力抜いて、笑って暮らせてるのね。
自然なわたしで、友人と向き合えてるんだ。
久しぶりにその友人と笑った。学生の頃みたいに、ケーキつつきながら。近況を話して大笑いになった。

そういえば。膝に乗ってくれていた小さな女の子は、もう高校を卒業するらしい。

0
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました