必要なものは身体が知ってる。きょうは梅干しがおいしい

「熱中症ってこわいんだよ。お茶飲んで、飴たべてね」

先日、妹宅の子どもたちと運動会に行ったとき。妹やその子供たちから、何度もいわれたことば。
5月になってから10月くらいまでは、小学校でも熱中症に気をつけるように言われるらしい。

飴たべるのか。甘いのは嫌だな。と言ってみたら

頭が痛くなるから、嫌いでもちゃんと食べてね。と手渡された。

固めのラムネのような「飴」
塩やクエン酸が入っている。梅干しと似た感じ

運動会の始まる前の日に、手渡された飴。
味見してみよう、と口にほうりこんだら……あんまり、おいしくなかった。食べたくないな。

おいしくなくても食べて。頭痛いと、ばたんとなるから、運動会が楽しくなくなるよ。

しぶしぶ、数個をポケットにしまった。
子どもたちや妹家族たちの飴は、ほかの弁当やおやつと一緒にかばんの中へ。

そして、そのまま。忘れてた。

数日後、外歩きの帰り道。

頭が重くなってきた。
なんだか、変だ。頭がじんわり痛くなってきた。

ポケットの飴を思い出し、口に入れた。
?!

びっくりするくらい、おいしいラムネになっていた。
ほんのり酸っぱくて、がしがしとしたラムネ。味見をしたときは、あれほど、おいしくないと感じた飴が、すごくおいしい飴に思えた。

ちびりとお水を口にふくむと、もっとおいしく感じた。 じんわり、頭の重さが溶けていった
……熱中症になりかけてたのね、わたし。

からだの中に、足りているときはおいしくないと感じる。そのときは、無理に食べなくてもいい。
でも、欲しいと思うときは、足りなくなってるから口にしてみる。おいしいと感じるなら、それは身体が必要としてるから。(こころが食べることを欲しがることもあるけれど、それは別の機会に)

身体がよろこんで受け取るということは、身体が「欲しい」と感じているから。
必要なものは、身体の感覚が知っている。

だから、身体に聞いてみる。
今日は、何を食べようか? 何を食べたい??

少し薄めた麦茶と梅干

きょうは、梅干しが食べたくなった。

家でつけた梅干し。2年前の夏に漬けた梅。
ぞわっと酸っぱい、塩だけで漬けた昔ながらの梅干し。

ちょっぽり梅をかじりながら、麦茶をちびりちびりと飲む。

のんびりお休み中のお腹の中に、少しずつ元気が蓄えられていくような感覚。水気も塩気も、元気も。内側に少しずつたまり始める。

—–

今日は、何を食べようか? 何を食べたい??

身体に確認するとき、気をつけたいのは「食べない」も選べるということ。

今日は食べない。体の中は休憩したい。そんな日もある。
身体にいいからと、あたま(思考)で食べようとするより、身体やこころで食べていきたい。

必要なものは、身体が知っている。体とおはなししてみれば、身体をよく養うことができる。

からだやこころとお話ししながら、明日は夏至を迎える。

あのときの急な頭痛と吐き気は、熱中症だったのかもしれない (検査結果は、胃腸炎だったけれど)

0
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
家ごはん
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました