やわらかな色でこころ、ぬくもる -ピンクのバラ

久しぶりの花、購入。

淡いピンクのバラ1本をメインに。
おなじく淡いピンクのスターチスのなかま、シャクヤクの葉っぱをあわせています。

花びんとスパイスびんにわけてさしてみた

かたちをまとめづらいけど、わしゃわしゃとしたスターチスの枝が好き。
くっきり緑が壁に移って見えるのも、少し涼し気でいい。

こころ、ぬくもるおくすり

花びらがぎゅっとあつまる、この形。
淡くやさしい色合いの、この花。

淡いピンクのこのバラをみると、あたたかなときやぬくもりを思い出す。
とっても、じぶんが幼くなって。なにか、あたたかなものに守られてるような。
そんなぬくもりを思い出す、おくすりのようなバラの花。

というのも、最近、あらためて「罪悪感」のことを考えているから。

罪悪感や自己否定。その、身体の記憶。
マスター級にかんがえているかもしれない。観察を繰り返しているかもしれない。

じぶんの持つ罪悪感が、からだのどのあたりに記憶されているのか。
その記憶をもったままで、こわばるこころとどうやってつきあうか。

自分の感覚とこころの様子を観察し考えてることは、ジェットコースターに乗っているみたいな感覚。
そのときは楽しいのだけれど、ふと、我に返るととても疲れている。息切れが残ってしまうような感触。

けれども、
花、ひとつ。
色、ひとつ。

それで、ぬくもりやあたたかさに戻ることができるから、このバラは、わたしにとって。くすりのひとつになるのです。

田村 洋子

お告げ師でカウンセラー。活動地は東京、大阪、時々福岡。
心理学講師、セラピストのトレーナー。
*自分の形を自分で知り、自信を持って「じぶんを生きる」ための、心と身体感覚をつなぐ個人セッション*潜在意識を見える形にするカードつかい*食養生・動的瞑想をとおして身体から心に届けるケアを
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
・カウンセラー根本裕幸氏に師事。たむよう。

follow Me
場を整える
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました