たのしい記憶を引き出して、こころをほどく

好きなものを目の前にすると、ぽんっとこころがゆるくなる。
どことなく緊張していた部分がほどけてく。

「好きなもの」と結びついていた記憶も一緒に出てきて、こころをほどくお手伝い。

—–

妹と久しぶりに出かけた。

こども達の運動会用意、おつかれさま。
そして、自宅に泊めてくれてありがとう。
……そんな気持ちで、妹の好きな紅茶を出すお店に出かけた。

お店では、ほんとうにどうでもいい話をしながら時を過ごした。
ほんの30分くらいの時間だった。

ぐっすりと昼寝をしたあとのようにすっきりとして、ふたりで店を出た。

  • 自宅ではない場所(日常から離れた場所)で
  • 楽しく喜ばしい記憶と結びついた (お祝いで贈られた)
  • 香りと味で触れる  (好きなものを複数の感覚であじわう)

食べものにも、こころの記憶が結びついているから
楽しい気分やうれしい気分を、今にかさねあわせてこころをいやす。

田村 洋子

五感覚醒コーチ。まるごとのじぶんを自然体に生きるためのパーソナルコーチ*旧暦とマヤ暦、食や花で今を感じる話し手*心理学講師*周波数調整するエネルギーワーカー 、呼吸と瞑想法
●見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
・カウンセラー根本裕幸氏お弟子さん制度卒
・活動地は東京、時々大阪、時々山の中

follow Me
心の手当て
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました