いつもとは違う目線で

空の上からみる夕焼けは不思議な色。いつもより深く、広く。夜が近づいてくる。

これまで地上にいたはずなのに、
離陸して目を上げると空の上。

さきほどまで考えていたすべてのことが、頭から消える。

宇宙が近づくと、からだもあたまも空にとける。

よいこと、よろこぶことがあっても。
やだな、苦くなることがあっても。

一度、そこから抜け出して。
一歩、二歩。離れてながめてみれば、
何事も、空にとける。

空にとけた見え方を使って、おきた出来事ながめてみれば
じぶんごとであって、自分ごとではない。
友人や知人の出来事見るように、じぶんごとを眺めて見える。

いつもとは違う目線で。広くモノコトみるときも、あっていい。

田村 洋子

もっと自然体で、もっと自由に!たましいからの自分を発揮して生きるコーチング*じぶん研究家、お告げをしないお告げ師/マヤ暦「宇宙のリズム」講師/周波数調律家、呼吸と瞑想法
●見えないものを見える形に ◆笑顔ではなうた、おいしいごはん #じぶんを生きる 自然に生きる
・カウンセラー根本裕幸氏お弟子さん制度卒
・活動地は東京、時々大阪、時々山の中

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました