不安はエネルギーの貯蔵庫かもしれない。(時を待つはなし)

いつもと違う道を、たまには通ってみようかと。
角をひとつ、早めに曲がった。

先日まで、雨が降り続いている間は気づかなかった、つるの間にぽわっと花が開いていた。それも、たくさん。いくつも、いくつも。

雨の間は、咲くのを待っていたのかな。

晴れたから、いっせいに、太陽に向かって開いたのかもしれない。

雨の間は、じっと待っているのが自然界での、この花の姿だとして。
人の姿も、この花に似ているかもしれないと思う。

「雨の間」は、じっとして次に太陽を見る時を待つ。
いつでも、花咲くことができるように準備しながら、じっと待っている。

人にとっての「雨の間」は、気持が重かったり、涙が出そうだったりする時間。暗い気持ちのなかで、どうしようかとくるくる考えているような時。

そんなときは、じっと時が来るのを待つ。タイミングを待つ。
次に「どうぞ」と目の前でドアが開いたら、しゅるっとその中へ進んでいけるように。心と身体を整えながら、準備しながら、待っておく。

タイミングが来たら、そのとき。次から次へと咲く。

だから、今の自分をみつめて、重かったりしんどかったりするときも。その先には、軽くて心地よいものが待っているから、大丈夫。

大丈夫だと安心したら、力が抜ける。その、抜けた力を、ほんらいの位置へと注ぎながら、時期を待つ。

そう思ってみたら、不安や重い気分は自分のエネルギーの貯蔵庫かもしれない。自分のエネルギーを貯めるために重い気分を作り、解放すべきときにあわせて気分の重さが消えて、エネルギーとなって自らを開いていく。

開くのが先なのか、重さが消えるのが先なのか。
それは、わからないけど。

不安の重さは、解放されたら軽くなり、いずれ感じなくなる。

だから、たくさん咲いているこの花たちも重さを感じない。ぽわっとして軽やかに見える。光の中へ、開いて伸びる。

寄り道の途中で見た花たちの姿を、Instagramにのこした。

写真を加工しているうちに、「不安の重さはエネルギーの貯蔵だ」と思っていた以上に、時間のことが気になって来た。

「時は有限」だから、自分で道を選んでみてはどうよ?
時は、命のリズム。
命のリズムのなかで、人は心を感じる。

***

ニュースレターを受取る
自然体のじぶんをどう生きる? 「今」の流れをつかむには??
そのヒントにできそうな内容を月2~3回、レター配信しています

※個人セッションやプログラムの先行案内もレターから


田村 洋子

もっと自然体で、もっと自由に!たましいからの自分を発揮して生きるコーチング*じぶん研究家、お告げをしないお告げ師/マヤ暦「宇宙のリズム」講師/周波数調律家、呼吸と瞑想法
●見えないものを見える形に ◆笑顔ではなうた、おいしいごはん #じぶんを生きる 自然に生きる
・カウンセラー根本裕幸氏お弟子さん制度卒
・活動地は東京、時々大阪、時々山の中

follow Me
じぶんを生きる
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました