事実に意味づけをしているのは、自分だよ。

実際に起きた出来事、事実を、どう受け止めるかはその人次第。

事実は、事実。ただそれだけで。そこに、意味はなんにもない。感情もついてこない。
ただ、それがあった。
それだけのこと。

けれど、人は「事実」で感情や思考を動かされる。そして、そこに意味が生まれ「真実」となる。人の数だけ、真実がある。

だから「真実」は自分で書き換えていける。

と、小難しく書いてみましたが。「事実に意味づけをしているのは、自分だよ」と覚えておくと、ご機嫌を取り戻すきっかけをつくれるよ。真実を書き換えていけるよ。というおはなしでした。

書きたいのに、忘れてしまう気がしたから、急いでボイスメモ(がわりにstand.fmで収録)。

今日。スカートを破ってしまた。

お気に入りのスカートのサイドポケットの付近が、5センチくらい。ざくっと、びりっと。

それで、今日は自分のはいているスカートが視界に入るたびに「なんと、わたしは運がない……」としょんぼりしていたのでした。なんと、運がないわたし。

しょんぼりしていたら、次々と思い出すのは「不運(かもしれない)」な出来事たち。

そういえば、電車に乗り遅れたな。
そういえば、お気に入りのおやつを買い損ねたな。
そういえば、今日は工事の音がやたらと大きかったな。
そういえば、そういえば……。

はじめは、スカートを破ってしまったしょんぼり度合いが3とか4くらいだった。それなのに、みるみると「そういえば」でふくらんでいって、しょんぼり度合いは8とか9に!
(ちなみに、わたしの中のしょんぼり度合いが10を超えると、ふて寝をしたり、ひとり大暴れしたりしたくなる)

でも、なにか違う。

わたしは、しょんぼりしたいわけじゃなくて、お気に入りのスカートが破れて悲しかった!!!と「誰か」に聞いてもらいたかった。

その「誰か」はだれ? あの人か、この人か。それともパートナーさんたちか。
……いや。
「誰か」は、自分自身だ。

わたしは、わたし自身に「悲しかったの!!!!」「悲しかったね」とやりとりしたかった。

悲しいね。悲しかったね。
そうか、悲しかったんだね。
うん、悲しかったよ。

そうして、自分の内で「悲しかった」を満足したら

このスカート、どうする?
と作戦会議を、自分と自分自身とでやりたかったんだ。

それと、わかりはじめたころに、思い出した。

事実は、何色でもない。事実に意味づけをするのは、人の感情や思考だ。

だったら、
運がないわけがない(運がいいとか、よろしくないとか。関係ない)。自分自身が、その事実をどう受け止めるか!ただそれだけなんだ

と思い出し、音声を残してみた。

そして、今日を振り返ってみたら……いいことも、いろいろあったんだよな。
だから「不運だ」とか、しょんぼりとか。やり続ける必要はなかった。

わたし、ご機嫌でいられる出来事(事実)を、あれこれ思い出せるじゃない。

今年も桃は美味しかった。

事実は、事実。ただそれだけがある。

それに、どういった意味を持たせるか。解釈は、その人次第。
人の数だけ、意味が生まれる。

だとしたら、
自分はその「事実」に何を見たい?
どんな風に受け止める?
そして、どんな気分で過ごしていきたい?

どんな世界をみつめる人でいる??

そうして、真実を書き換えて、より自分そのものを生きる。

お告げ師でカウンセラー 田村洋子でした。
では、またね。


***
ニュースレターをお送りしています(メールアドレスをご登録下さい)
◆ニュースレターでは、もう少しマニアックにのびのび、発信中!
個人セッションの先行案内や長期プログラムのお知らせもレターから。

◆公式LINEでは、時節のメッセージや先行案内配信中!
気が向いた時、個別に返信届くことも?! お気軽に登録くださいね
友だち追加 または。ID @901ssmzdで検索。



タイトルとURLをコピーしました