「やる気」はあったり、なかったり。揺れるから、気にしない。

せっかくやる気になっていたのに、あっという間にやる気が抜けて。もう4月の半ば。

年度はじまりに、あれほどみなぎっていたやる気は、どこへ行った?

やる気が出たり、出なかったりする自分にがっかりする。

「あ」さんより

いただいたメッセージを開いて、どきりとした。
だって、これ。そのまま、ほぼわたしのことだから。

4月のはじまりには、あれをしよう、これをしようと計画したり目標立てたりしてきたけれど、でも、あんまり計画どおりにはできていない。

でも不思議なもので、そんな自分にがっかりはしていない、わたし。

計画どおりにできていないのは、わたしがはじめに立てた計画そのものに無理があったのかもしれず。もしかしたら、計画自体が、自分がやりたい事からずれていたかもしれない。

だから、計画を見直してみる。

もう一度、今の段階で見直した計画は、ほんとうにやりたかったこととは、微妙にずれていたと気づく。

計画がずれているなら、そのずれた計画どおりにできていないなんて、未来にいるわたしにとっては、ちょうどいい出来事だ。だから、ラッキー。
ずれていた計画どおりできなかった、わたしは最高だと思う。

だから、きっと。何があっても、全て自分自身の計画どおりなのだろう。

未来に居るわたしのところへ、今が導かれていく。

「やる気がない」と、がっかりする必要はない。
がっかりするより、自分の未来や自分のたましいと話をしてみる。

やる気が出ないのは、自分の未来やたましいと今が重なっていないから。

だとしたら??
どういう形にすれば、自分の未来やたましいと今を重ねられる?

やる気がなくても、今、淡々とできることには、何がある?

小さくても、ちょこっとでも。「今」にできることをしてみれば、その先は少しずつ形を変える。だから、やる気なんて、きっと無くていい。やる気があればあったで、それもいい。
やる気を一番の理由にはしないようにと思ってる。

ほんの0.2度の角度のずれも、1メートル先、50メートル先と距離を増やすと、その到達点は大きくなっていくから。

「今」は小さくちょこっとしたモノコトに、やる気が出ないままも手をかけて、ささやかにできることをしてみれば、未来では大きな違いになっていく。

メッセージをくださった「あ」さんも。この記事を読んでくださってる方も。わたしも。

「今」できる小さくちょこっとしたモノコトをやってみよう。
それを重ねていくうちに、振り返れば大きな違いになっているはず。

やる気は、気分。気分は揺れるもの。あったり、なかったり。一瞬ごとに違ってくる。

だから、揺れてるものは、揺れているままに。
淡々と。その「今」にやりたいことをやり、やらないことはやらない。

それで、つじつまはあっていくように思っている。

やる気に満ちて、この枝だけ咲いてた


★個人セッションを予約する

◆公式LINEでは、時節のメッセージや先行案内配信中!
お気軽に登録くださいね
ID @901ssmzdを検索していただくか、
友だち追加で!

ニュースレターを受取る

+2
タイトルとURLをコピーしました