立ち止まり振り返り。自分の足元にまで続く道を確認する

冬至をすぎて、年末に向かって、そして年明けに向けて。ぬるりぬるりと何か、大きなものが動く気配が続いている。

この気配。
年末をむかえ、今年が終わろうとしているから感じられるものなのか。
「風の時代」へ星の配置が移ったからなのか。

なんにせよ、年を改める前のどこか気ぜわしい感覚と、新しい年を迎える希望のような光をみていたい感覚が、日常の向こう側でずっとざわめいている。

あといくつも寝ぬうちに、年が改まり来年になる。新しい年のはじまりだ。

新しい時が始まるときには、新しくモノコトはじめたくなる。
新しい習慣、新しい目標、新しい夢。そういった「新しい」にむかって、これまでの自分を変えようとする。

そんなとき。人は目の前の、ずっと向こう側へと目を向けている。視線の届かないくらいの、ずっと遠くを見ている。

だから、あえて。まずは、足元を見てみよう。立ち止まって、ゆっくりと後ろを振り返ってながめてみよう。

後ろ側には、今年これまで、自分が歩いてきた道が見える。

何をしてきたか、何を感じたか。
何に不安を覚えて、何に恐れを抱いたか。
何によろこび、何を面白がってきたか。
そして、そこに誰がいたか。どんな人たちと出会ったか。

ぽつんと立ち止まり足元を見る。そして、今年をまるりと振り返る、振り向く。

足止めて振り返れば花

先の方へ、ずうっと遠くをながめるのもいいけれど、遠くばかり見ているとめまいがする。光を見ようとして、目がくらむ。光のコントラストで、足りない自分に目が行って、どっかり気分落ち込むかもしれない。

だから、まず。自分の足元を確認しよう、後ろを振り返って歩いてきた道を確認しよう。

今年の自分を振り返って、頑張れた自分、花まるだった自分を自分で見つける。そして、自分で自分をほめる。

今、ここまで歩いてきた自分と、歩いてきた「今年」の道と。
その両方を自分で認められたなら、来年へと向かう足場は準備ばっちり。

足元を固めてから、次。来年へと、未来の自分へとむけて手を伸ばす、道を探って歩いていく。
今の、日常の後ろにある気配に寄り添いながら、ぬるりぬるりと動き始まる。

***

これからある流れに寄り添い、自分自身をよりよく過ごすと決めたとき。
自分は何を大事に思って過ごしていこうか。
その核になる思いをみつけるための時間が「自分とつながる60分」。東京地区で対面でのみ受付中。

自分とつながる60分」にて、皆様とお目にかかれることを楽しみにしています。
田村洋子でした。では、またね。

***

ニュースレターを受取る
自然体のじぶんをどう生きる? 「今」の流れをつかむには??
そのヒントにできそうな内容を月2~3回、レター配信しています

※個人セッションやプログラムの先行案内もレターから



田村 洋子

もっと自然体で、もっと自由に!たましいからの自分を発揮して生きるコーチング*じぶん研究家、お告げをしないお告げ師/マヤ暦「宇宙のリズム」講師/周波数調律家、呼吸と瞑想法
●見えないものを見える形に ◆笑顔ではなうた、おいしいごはん #じぶんを生きる 自然に生きる
・カウンセラー根本裕幸氏お弟子さん制度卒
・活動地は東京、時々大阪、時々山の中

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました